メインメニューを開く

大島隆義

大島 隆義(おおしま たかよし、1946年10月26日 - )は、日本の物理学者名古屋大学大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻名誉教授。理学博士

目次

来歴編集

1969年同志社大学工学部電子工学科卒業。1975年、名古屋大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1976年2月 名古屋大学 理学博士 「光子によるπ[+],π0中間子発生の研究」。 米国ロチェスター大学研究員、東京大学原子核研究所助手、高エネルギー物理学研究所助教授を経て、1995年より教授。2009年退職。

主な研究分野は、高エネルギー実験物理学。φ-ファクトリーでのCP破れの研究と共に、重ニュートリノの実験も行った。現在の研究テーマは、レプトンでの粒子-反粒子の対称性の破れや未知の現象の探索。究極の素粒子と相互作用、そして真空の性質に関する研究を、茨城県つくば市高エネルギー加速器研究機構(KEK)での国際協力実験Belle実験で行っている。

著書編集

  • 『理工学の基礎 力学』(培風館、2005年)

関連項目編集

外部リンク編集