大崎 昭一(おおさき しょういち、1945年1月15日 - )は、宮崎県延岡市出身[1]の元騎手評論家。記者の質問に対して弱気のコメントをすることが多く「泣きの昭ちゃん[2]と言われ、レースでは激しく大胆な騎乗ぶりで名手として活躍。

大崎昭一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1945-01-15) 1945年1月15日(75歳)
身長 153.5cm
体重 53kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 東京美浦柴田寛(1963 - 1981)
美浦・フリー(1981 - 1999)
初免許年 1963年3月17日
免許区分 平地(初期には障害免許も所持)
騎手引退日 1999年1月14日
1998年6月27日(最終騎乗)
重賞勝利 36勝
G1級勝利 7勝
通算勝利 8884戦970勝
テンプレートを表示

実子の大竹正博美浦所属の調教師

経歴編集

父がアングロアラブの生産を行っていたため、七人兄弟の末っ子で幼少期から馬に親しみ、11歳の時には馬に乗っていた[3]。中学の先輩にはメジロボサツイナボレスなどに騎乗した矢野一博に田島日出雄、同級生には安田伊佐夫がいた。そうした環境で育った大崎は体が小さかったため、迷うことなく騎手を目指した[4]。中学卒業後は安田と共に馬事公苑騎手養成長期課程に入り、上京する際の列車も同じであった。安田以外の同期には清水出美久保敏文鹿戸明久保田秀次郎笹倉武久などがいた。矢野の父親の紹介で東京柴田寛厩舎に入門し[5]1963年3月に騎手免許を取得してデビュー。同17日中山第4競走4歳新馬・イチサキミドリで初騎乗を果たすと(12頭中12着)、5月3日の東京第6競走4歳未勝利・ダイゴコートウで初勝利を挙げるなど1年目は5勝をマークし、障害でも中山大障害を制していたフジノオーに騎乗して2勝している。2年目の1964年に36勝を挙げて一気に数字を伸ばすと、3年目の1965年には目黒記念(春)をブルタカチホで制して重賞初勝利を飾る。ブルタカチホとのコンビでは第10回有馬記念にも出走し、シンザンミハルカスの3着に入った。順調にステップアップしていたと思われた1966年には調教中の落馬で馬の下敷きとなり、骨盤を7ヶ所骨折。一時は騎手を諦めた程の大怪我であったが、無事に復帰した1967年にはカブトシロー有馬記念を制し、GI級レース・八大競走初制覇を成し遂げるが、21歳での勝利は史上最年少での記録であった[6]。怪我をする前にカブトシローには6度乗って2勝をしていたが、久々の騎乗ではひどいスローペースの中を後方で追走し、2周目の3コーナーで一気に先頭を奪うとそのままゴールまで独走して2着に6馬身差を付けた[7]1968年に通算100勝を達成し、1969年にはダイシンボルガード東京優駿を制覇。この年のダービーは当時史上最高である16万7263人が来場し[8]、スタート直後に1番人気のタカツバキが落馬、直線ではダイシンボルガードの厩務員・石田健一がコースに飛び出して万歳をしながら走り出すなどアクシデント、ハプニングが相次いだ。1週間後に結婚式を控える中、24歳4ヶ月での勝利は当時の戦後最年少ダービージョッキー記録であり[9]、表彰式の後にはファンの祝福に握手で応じた大崎はスタンドに引きずり込まれて胴上げされた[10]。作家の虫明亜呂無は大崎を「軽い」と評し、それは「存在を主張しない軽さ」だと書いている[11]。1968年1月号の優駿では「よくいえば、たいへんフレキシブルで、伸縮自在の乗り方をする。クセがない。無理がない。ナチュラルである。素直である。妖精の踊りを思わせる。」とまで書いており、虫明は大崎の「軽さ」について師匠の柴田に尋ねているが、柴田は「関節の柔らかさ」と「持って生まれた勘の良さ」があると語っている[12]。その他に大崎について問われた際に柴田は「真面目」「引っ込み思案」「暗い」「口数が少ない」「慎重」というような表現をしている[13]1973年には福島での騎乗中に外ラチに激突して落馬し、胸部挫創および腰椎第一第二右横突起を骨折。1974年に41勝を挙げて全国7位に付け、初のベストテン入りを果たす。1975年フジノパーシア天皇賞(秋)を制覇し、1976年には同馬で宝塚記念に勝利。11月にはワシントンD.C.インターナショナル  アメリカ合衆国)の日本代表に選出されるが、フジノパーシアがプレゼンターとして来場していたエリザベス・テイラーが巻き起こす騒ぎに冷静さを欠いてしまい[14]、得意の不良馬場にも関わらず6着に沈んだ。同年は通算300勝を達成するなど自己最多の51勝を挙げ、自己最高の全国5位に入る。1977年には東京で新馬戦に騎乗の際に落馬し、左第七~十一肋骨骨折、右下腿筋挫創の大怪我でリハビリ期間を含む1年2ヶ月の休養なくされる。1978年に見事復帰するが、中山で再び落馬して右大腿骨を骨折。治療ミスで骨が割れ1年近く休養したが、1979年にはグリーングラスの引退レースに騎乗して2度目の有馬記念制覇。主戦の岡部幸雄ハツシバオーに騎乗するための乗り替わりであり、グリーングラスは全盛期を過ぎていたが、2周目の3コーナーで先頭に立ってそのまま逃げ切り、ゴール前で猛追したメジロファントムとは鼻差という計算し尽くしたような騎乗に「流石に大崎」とファンは感嘆した[15]1980年には福島で落馬して再度の右大腿骨骨折をやってしまうが、1981年渡辺正人小野定夫横山富雄田村正光に次ぐフリーへ転向。先にフリーになっていた横山・田村、吉永正人中島啓之菅原泰夫らと共に、飲み仲間のサークルである「仲よし会」を結成していた。中国文学者で競馬ライターとしても活動していた西野広祥は、会の様子をしばしば文章化して発表した。同年は16番人気のカツトップエース皐月賞を逃げ切ると、東京優駿でも同馬でサンエイソロンの猛追をハナ差しのぎ、ダービー2勝目を挙げる。皐月賞はそれまで騎乗していた増沢末夫的場均が他に乗る馬がいたため、空いていた大崎に騎乗依頼が来たものであった[16]。実子の正博曰く、カツトップエースでダービー2勝目を挙げた時は連日連夜どんちゃん騒ぎをした。普段も家にはあまり帰らず、明け方3時には馬場が開場されるため、深夜1時くらいまで飲んでそのまま調教に行っていた[17]1982年に通算500勝を達成するが、1985年8月25日新潟第9競走赤倉特別でヘイアンスイートに騎乗した際、本馬場入場で第4コーナー付近のいた観客の「調子はどうだ」の野次に馬上から返答。柵ごしにファンと言葉を交わした行為が公正競馬を害するとされたほか、これが日本中央競馬会競馬施行規程で予想行為に該当していたため、日本中央競馬会裁定委員会は大崎が面識のある人物と私語を交わしていたことを発表し、無期限の騎乗停止処分を下される。事件発生直後からマスメディアはこぞって八百長を指摘するようになったが、審判部はレースにおいて不自然な行為は認められなかったとして、結果的には冤罪となり、4ヶ月後に騎乗停止処分は解除されたものの、事件後しばらくは本拠地・関東の調教師から騎乗依頼がほとんどなくなる。この事件は「新潟事件」「大崎騎手事件」とも呼ばれ[18]、その後も公衆電話で長電話をしたりパンチパーマをかけた競馬関係者と一緒にいるだけで注意を受けるなど、JRAから厳しい対応を受け続けた。1986年には新潟事件で騎乗依頼を大きく減らすが、1987年には通算700勝を達成し、1991年には布施正調教師の誘いを受けて小倉に遠征。以後は関西での騎乗が中心となり、1992年には管理する橋口弘次郎調教師に出走を強く薦め、11番人気のレッツゴーターキンで天皇賞(秋)を制覇[19]1994年には通算900勝を達成し、イナズマタカオー中日スポーツ賞4歳ステークスを制覇するが、これが自身最後の重賞勝利となった。同年は桜花賞で12番人気のツィンクルブライドに騎乗し、道中先行策から最後の直線でローブモンタント・メローフルーツとの叩き合いを制して先頭に踊り出るが、最内枠から大外に持ち出した武豊騎乗のオグリローマンの鋭い末脚に屈してハナ差2着と惜敗。レース後に大崎は「ゴールした時に負けたのが分かったが、あそこまで行ったなら私の騎手としての勲章の一つに、桜花賞勝ちを加えたかった」と悔しがった。5月からはマイヨジョンヌとコンビを組み、新潟大賞典3着・七夕賞2着・福島記念3着とローカル開催の重賞で活躍。1995年ホッカイドウ競馬から転入したスガノオージの手綱を任され、初騎乗の新潟大賞典で13番人気ながら2着に入ると、続くエプソムカップもクビ差2着、札幌記念も3着に粘るなど芝の適性を発揮させた。秋は毎日王冠に出走することになったが、同日の京都大賞典に前年から手綱を任されていたダイゴウソウルが出走を予定。馬主の金田至弘が大崎に「京都大賞典を頼むぞ」と言い残して亡くなった直後であったため、大崎はスガノオージを管理する上原博之調教師に丁寧な断りの電話を入れ、「天皇賞は空いていますから」と付け加えた。スガノオージの代役には安田富男が騎乗することとなり、本番でジェニュインサクラチトセオーら有力馬を抑えて逃げ切る。一方のダイゴウソウルもヒシアマゾンから0秒5差の4着と健闘し、大崎はその後の電話で上原に「僕はいいですから、天皇賞には富男さんを・・・」と告げ、結局天皇賞も安田がスガノオージに騎乗することとなった。晩年は人気騎手の集まらないローカル開催にあえて出向き、水曜、木曜と電話の前を離れず、自ら調教した馬の様子や想定メンバーなどを逐一調教師に報告していた[20]1996年は9勝と30年ぶりの1桁勝利に終わり、2桁勝利が29年連続でストップ。1998年5月31日中京第3競走4歳未勝利・ムスメに騎乗した際に落馬し、その事故による後遺症から7月慢性硬膜下血腫を発症。倒れた日は朝の調教を無断で欠席し、厩舎関係者が連絡してもつながらなかったため、訝しく思った関係者が住んでいた社宅を訪れても応答がなかった。そのためガードマンに頼んで解錠してもらったところ、家に入ったところで意識の無くなっていた大崎を発見[21]。搬送された滋賀県栗太郡栗東町済生会滋賀県病院で頭部手術を受け、手術後は復帰に向けてリハビリを続けていたが、実戦での騎乗に耐えられるまでには回復せず、1999年網膜色素変性症を発症して現役続行を断念。茨城県稲敷郡江戸崎町の自宅で静養する中、54歳の誕生日を翌日に控えた1月14日に現役を引退[22]。1998年6月27日阪神第9競走あじさい賞・フィールドプロスパが最終騎乗で最後の勝利となった。引退後は競馬予想会社「七騎の会」情報スタッフや日刊スポーツ評論家として活動し、2005年に宮崎へ帰郷。実子の正博は調教師試験受験時には過去の経緯もあり、予想会社の看板役というあまり好ましくない関係となってしまったため、2006年には話し合いの末にお互い疎遠にすることにした[21]。正博は姓を結婚を機に夫人方の姓である「大竹」を名乗ることになったが、大崎が予想会社を退職した後は再び連絡を取るようになった[23]

騎手通算成績(中央競馬)編集

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 962 898 901 6086 8847 .109 .210
障害 8 4 7 18 37 .216 .324
970 902 908 6104 8884 .109 .211

主な騎乗馬編集

太字は旧八大競走を含むGIレース。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ KKベストセラーズ競馬最強の法則」 2011年9月号
  2. ^ 名付け親は元騎手・評論家の渡辺。(江面弘也「昭和の名騎手」三賢社、2020年4月30日、 ISBN 4908655162、p142-143)
  3. ^ 江面、p143
  4. ^ 江面、p143
  5. ^ 江面、p143-144
  6. ^ この記録は1990年武豊に更新された。
  7. ^ 江面、p144
  8. ^ この記録は1990年に更新された。
  9. ^ この記録はわずか2年後の1971年田島良保に更新された。
  10. ^ レース後に胴上げされるのは大崎が初である
  11. ^ 江面、p145
  12. ^ 江面、p146
  13. ^ 江面、p142
  14. ^ エリザベス・テイラーの取材を目的とする記者が多数来ており、彼らが競走馬たちのことをまるで気にせず、馬が近くにいても遠慮なくフラッシュを焚いて写真を撮るなどしていたという。また来場者数も記録的であった上に、エリザベス・テイラー目的の来場者も少なくなかった言われている。大崎は後に「この騒ぎが無かったら2着には入っていただろう」と語っている。
  15. ^ 江面、p147
  16. ^ 江面、p148
  17. ^ 【第2回】いざ、競馬の世界へ | 大竹正博 調教師インタビュー | キャプテン渡辺のウィナーズサークル | 一般社団法人中山馬主協会
  18. ^ 井口民樹「栄光と挫折のはざまで 生涯乗り役、最年長騎手・大崎昭一1000勝への意地」(『プーサンvol.6』(大村書店)p192-221)
  19. ^ 橋口と大崎は同じ宮崎県出身であり、橋口は同騎手のファンでもあった。レッツゴーターキンに騎乗依頼をする際に電話をかけようとしたが、猛烈に緊張してしまい、結局調教助手に任せたと、後に語っている。
  20. ^ 「勝負師たち」あさっての馬《吉川彰彦》/日刊競馬新聞社
  21. ^ a b 2019年6月25日東京スポーツ18面「次代を担う関東の辣腕 大竹正博調教師 拈華微笑」連載⑨
  22. ^ ニュースぷらざ
  23. ^ 名騎手である父との絶縁など、山あり谷ありの調教師が、ある馬との特別な日を前に誓ったこととは