メインメニューを開く

大崎梢

大崎 梢(おおさき こずえ、9月28日[1] - )は、日本小説家推理作家。元書店員。2006年東京創元社発行の連作短編集『配達あかずきん』にてデビュー[2]ミステリーズ!新人賞選考委員[3]

大崎 梢
(おおさき こずえ)
誕生 9月28日
日本の旗 東京都
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2006年 -
ジャンル ミステリー
児童文学
代表作 『配達あかずきん』(2006年)
デビュー作 『配達あかずきん』(2006年)
公式サイト 大崎 梢 website
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

東京都出身。2006年5月、東京創元社発行の連作短編集『配達あかずきん』を発表、小説家デビューを果たす[2]。同年春まで書店に勤務していた[4]経験があり、デビュー作をはじめとした『成風堂書店事件メモ』シリーズは、駅ビル内にある中規模書店を舞台とし、しっかり者の店員、木下杏子ワトソン役兼語り手に、勘のいい学生アルバイト西巻多絵名探偵役としている[5]。同シリーズは、多くが書店を舞台として日常の謎を扱っていることから、「本格書店ミステリ」とも呼ばれる[4]。同じく書店勤務の経験がある漫画家久世番子[6]により、新書館発行の漫画雑誌『月刊ウィングス』の2007年7月号から漫画版『配達あかずきん』が連載が開始された(同誌2007年3月号に予告漫画が掲載された)。ジャンルは、ミステリー作品が中心であるが、天才探偵SENシリーズなどの児童書も発表している[7]2014年5月17日、「王様のブランチ」(TBSテレビ)で『忘れ物が届きます』が取り上げられた[8]。好きな作家は横溝正史で、中でも『獄門島』と『八つ墓村』と『悪魔の手毬唄』が好きだという[9]。書店を舞台にした小説を書き始めたのは、書店での仕事の話をすると、友達に好評だったことがきっかけという[9]。現在は神奈川県横浜市に在住[10]

作品リスト編集

単著編集

成風堂書店事件メモシリーズ編集

  • 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ(2006年5月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2009年3月 創元推理文庫
  • 晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)(2006年9月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2009年11月 創元推理文庫)
  • サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ(2007年4月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2010年3月 創元推理文庫)
  • ようこそ授賞式の夕べに 成風堂書店事件メモ(邂逅編)(2013年11月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2017年2月 創元推理文庫)

出版社営業・井辻智紀の業務日誌シリーズ編集

  • 平台がおまちかね(2008年6月 東京創元社 創元クライム・クラブ / 2011年9月 創元推理文庫)
  • 背表紙は歌う(2010年9月 東京創元社 創元クライム・クラブ / 2013年7月 創元推理文庫)

天才探偵Senシリーズ編集

  • 天才探偵Sen 公園七不思議(2007年11月 ポプラポケット文庫
  • オルゴール屋敷の罠(2008年7月 ポプラポケット文庫)
  • 呪いだらけの礼拝堂(2009年2月 ポプラポケット文庫)
  • 神かくしドール(2009年10月 ポプラポケット文庫)
  • 亡霊プリンスの秘密(2010年9月 ポプラポケット文庫)
  • 迷宮水族館(2011年6月 ポプラポケット文庫)
  • テレビ局ハプニング・ツアー(2012年2月 ポプラポケット文庫)

その他編集

  • 片耳うさぎ(2007年8月 光文社 / 2009年11月 光文社文庫
  • 夏のくじら(2008年8月 文藝春秋 / 2011年6月 文春文庫
  • スノーフレーク(2009年2月 角川グループパブリッシング / 2011年7月 角川文庫
  • ねずみ石(2009年9月 光文社 / 2012年1月 光文社文庫)
  • かがみのもり(2011年3月 光文社 BOOK WITH YOU / 2013年9月 光文社文庫)
  • キミは知らない(2011年5月 幻冬舎 / 2014年4月 幻冬舎文庫
  • プリティが多すぎる(2012年1月 文藝春秋 / 2014年10月 文春文庫)
  • クローバー・レイン(2012年6月 ポプラ社 / 2014年8月 ポプラ文庫
  • ふたつめの庭(2013年5月 新潮社 / 2015年10月 新潮文庫
  • 忘れ物が届きます(2014年4月 光文社 / 2016年8月 光文社文庫)
  • だいじな本のみつけかた(2014年10月 光文社 BOOK WITH YOU / 2017年4月 光文社文庫)
  • 空色の小鳥(2015年9月 祥伝社 / 2018年6月 祥伝社文庫
  • 誰にも探せない(2016年2月 幻冬舎)
  • スクープのたまご(2016年4月 文藝春秋 / 2018年9月 文春文庫)
  • よっつ屋根の下(2016年8月 光文社)
  • 本バスめぐりん。(2016年11月 東京創元社)
  • 横濱エトランゼ(2017年6月 講談社
  • ドアを開けたら(2018年9月 祥伝社)

アンソロジー編集

「」内が大崎梢の作品

  • ザ・ベストミステリーズ 2007 推理小説年鑑(2007年7月 講談社)「標野にて 君が袖振る」
    • 【分冊・改題】MARVELOUS MYSTERY 至高のミステリー、ここにあり(2010年11月 講談社文庫
  • きみも名探偵 名探偵はどっち?(2008年2月 偕成社)「名探偵はどっち?」
  • 片想い。(2008年3月 ピュアフル文庫)「北風のマント」
  • 初恋。(2009年1月 ピュアフル文庫)「冬の日のツルゲーネフ」
  • きみが見つける物語 不思議な話編(2010年1月 角川文庫)「標野にて 君が袖振る」
  • とっさの方言(2012年8月 ポプラ文庫)※エッセイアンソロジー「肥えちゅう」
  • エール! 1(2012年10月 実業之日本社文庫)「ウェイク・アップ」
  • 君と過ごす季節 春から夏へ、12の暦物語(2012年12月 ポプラ文庫)「小暑」
  • 風色デイズ(2012年12月 ハルキ文庫)「体育館フォーメーション」
  • 大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー(2013年1月 光文社 / 2014年8月 光文社文庫)「ショップtoショップ」
  • 近藤史恵リクエスト! ペットのアンソロジー(2013年1月 光文社 / 2014年7月 光文社文庫)「灰色のエルミー」
  • 驚愕遊園地(2013年11月 光文社 / 2016年5月 光文社文庫)「君の歌」
  • 私がデビューしたころ ミステリ作家51人の始まり(2014年6月 東京創元社)※エッセイアンソロジー「楽しかったり、びくついたり、開き直ったり」
  • 3時のおやつ(2014年10月 ポプラ文庫)※エッセイアンソロジー「いもだんご」
  • Wonderful Story(2014年10月 PHP研究所 / 2017年9月 PHP文芸文庫)「海に吠える」※犬崎梢名義
  • パレス・メイヂ (4) 同人誌付き特装版(2015年8月 著:久世番子 白泉社花とゆめCOMICS)[11]「ヨコハマの休日」
  • アンソロジー 捨てる(2015年11月 文藝春秋)「箱の中身は」
  • みんなの少年探偵団2(2016年3月 ポプラ社 / 2018年4月 ポプラ文庫)「闇からの予告状」
  • 自薦 THE どんでん返し(2)(2017年1月 双葉社文庫)「絵本の神さま」
  • アンソロジー 隠す(2017年2月 文藝春秋)「バースデイブーケをあなたに」
  • 十歳までに読んだ本(2017年7月 ポプラ社)※エッセイアンソロジー「ニルスのふしぎな旅」
  • 惑―まどう― アンソロジー(2017年7月 新潮社)「かもしれない」
  • 推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ(2017年8月 角川文庫)※エッセイアンソロジー
  • 女ともだち(2018年3月 文春文庫)「水底の星」
  • 怪を編む ショートショート・アンソロジー(2018年4月 光文社文庫)「と・み・た」

単行本未収録短編編集

  • あたたかい雨の降水過程(光文社『小説宝石』2013年5月号)
  • 再会(PHP研究所『文蔵』2013年10月号)

メディア・ミックス編集

映画編集

コミックス編集

作画:久世番子

  • 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ1(2008年2月 新書館〈WINGS COMICS〉)
  • サイン会はいかが 成風堂書店事件メモ2(2009年3月 新書館〈WINGS COMICS〉) 
  • 平台がおまちかね(2011年4月 新書館〈WINGS COMICS〉)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集