大崎 正次(おおさき しょうじ、 1912年9月 - 1996年7月23日)は、日本の東洋史学・天文学史家。

経歴編集

1912年9月東京に生まれる。東京文理科大学(現在の筑波大学)史学科(東洋史学)を卒業した。東京大学史料編纂所所員、日本学士院嘱託を経て、東京都立九段高等学校教諭となる。天文学に関しては、中学生の頃から野尻抱影神田茂に師事し、星に親しんだという[1]

『天文方関係史料』では、「天文方代々記」をはじめ重要な天文方資料を多く翻刻している。神田茂編の『日本天文史料』の調査では、広瀬秀雄と共に大崎が重要な貢献をした。また、『近世日本天文史料』は、神田が残した17世紀以降の史料リストの原稿を大崎らが古本屋で偶然入手し整理・増補して出版したものである。[要出典]1987年には、中国星座の詳しい研究を『中国星座の歴史』として刊行した。余技として陶芸にも打ちこんだ[2]。1996年(平成8年)7月23日没[3]、享年83歳。

著書・編纂書編集

  • 大崎正次(編)『天文方関係史料:神田茂先生喜寿記念』、私家版、1971年[4]
  • 『中国の星座の歴史』雄山閣出版、1987年。
  • 大崎正次、他(編)『近世日本天文史料』原書房、1994年。

出典編集

  1. ^ 『中国の星座の歴史』のあとがき
  2. ^ 『民芸手帖』85号(1964年6月)”. 東京民芸協会. 2020年6月20日閲覧。
  3. ^ 蔵書印データベース”. 国文学研究資料館. 2020年7月15日閲覧。
  4. ^ 『天文方関係史料:神田茂先生喜寿記念』”. 国会図書館. 2020年7月13日閲覧。

参考文献編集

  • 神田茂(編)『日本天文史料』(上下2巻)、私家版、1935年
  • 神田茂(編)『日本天文史料綜覧』私家版、1934年

いずれも1978年に原書房より復刻版が刊行されている