メインメニューを開く

大崎 高兼(おおさき たかかね、生年不詳 - 享禄3年(1530年))は、戦国時代大名陸奥大崎氏の第10代当主。室町幕府奥州探題

第9代当主・大崎義兼の長男として生まれる(詳細な時期は不明)。幼名は彦三郎。室町幕府第11代将軍足利義澄がまだ「義高」と名乗っていた頃(明応2年(1493年)~文亀2年(1502年))に元服し、偏諱(「高」の字)の授与を受けて高兼に改名する。このことから生誕したのはおおよそ148090年代の間のことと推測される。

享禄2年(1529年)に父が死去したため、その跡を継いで当主となる。しかし翌年、家督からわずか1年で死去した。

子は娘の梅香姫(のち大崎義宣正室)のみで跡継ぎの男子がいなかったため、弟の義直が跡を継いだ。

参考文献編集

関連項目編集