大川ぶくぶ

日本の4コマ漫画家

大川ぶくぶ(おおかわ ぶくぶ、1986年10月3日[1] - )は、日本漫画家男性[3]兵庫県出身[2][注 1]。別名義にbkubがある[4]

大川 ぶくぶ
生誕 (1986-10-03) 1986年10月3日(31歳)[1]
日本の旗 日本 兵庫県[2]
職業 漫画家
活動期間 2007年 -
ジャンル 4コマ漫画
代表作 ポプテピピック
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2007年に『3LDKM』でメディアワークス(当時、のちアスキー・メディアワークス)主催の第8回電撃コミックグランプリ少年マンガ部門優秀賞を受賞し、同社刊の『電撃G's Festival! COMIC』で『スーパーエレガント』を連載した。その後も各社の漫画雑誌ウェブコミック配信サイトで作品を発表している。特に竹書房まんがライフWIN』連載の『ポプテピピック』がその過激かつ不条理なギャグで人気を博し[5]2018年テレビアニメ化された。

オリジナル作品以外では各種のアンソロジーコミックにも参加しており、2017年には『銀魂』とのコラボレーショングッズ用にイラストを描いている[6]。また、商業デビュー前から同人サークル「フミンバイン」を主宰している。

作品編集

アンソロジー編集

キャラクターデザイン編集

アニメ編集

ゲーム編集

楽曲編集

  • テレビアニメ『ポプテピピック』
    • 挿入歌「心の大樹~こころのたいじゅ~」(作詞)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「ポプテピピック」アニメ8話OPのスタッフロールに「宮っ子」とクレジットされているが、兵庫県民且つ「宮っ子」である者は西宮市出身ということになる。このスタッフロール以外の場で大川が出身地を西宮市と公表したことはないため、本項では注釈に留めるものとする。
  2. ^ 掲載誌は成人向け漫画雑誌だが、作品単体では年齢制限なし。

出典編集

  1. ^ a b 本人のツイート(2013年10月3日)
  2. ^ a b “漫画家「大川ぶくぶ」が勧める漫画3選”. Manga Style (ビーグリー). (2014年7月28日). http://manga-style.jp/press/?p=13393 2017年6月15日閲覧。 
  3. ^ ポプテピピック / 大川ぶくぶ / まんがライフWINより。
  4. ^ フミンバイン 2018年3月12日閲覧。
  5. ^ “『ポプテピピック』という漫画がなぜかずっと売れ続けている件(前編)”. ほんのひきだし (日本出版販売). (2016年10月20日). http://hon-hikidashi.jp/enjoy/18960/ 2017年6月15日閲覧。 
  6. ^ “『銀魂』と『ポプテピピック』の大川ぶくぶさんがコラボ。オシャンティなマスコット登場”. 電撃オンライン. (2017年4月8日). http://dengekionline.com/elem/000/001/498/1498255/ 2017年6月15日閲覧。 
  7. ^ 血迷ったか小学館 大川ぶくぶ、コロコロアニキで「ウィクロス」漫画連載スタート”. ねとらぼ. ITmedia (2017年6月15日). 2017年6月29日閲覧。
  8. ^ 『あんスタ!』ゲーム内イベントを大川ぶくぶ先生が描き下ろす!! “あんさんぶくぶスターズ!”スタート”. ガルスタオンライン (2017年7月28日). 2017年8月5日閲覧。
  9. ^ 1/11発売【星色ガールドロップ コミックアンソロジー】執筆陣一覧” (2018年1月7日). 2018年2月4日閲覧。
  10. ^ 【告知】TVアニメにもなった大人気アイドルラブコメ『星色ガールドロップ』初のコミックアンソロジーが1月11日発売!豪華作家陣が描く星色ワールドにドロップ&ドロップ!” (2018年1月7日). 2018年2月4日閲覧。
  11. ^ いがらしみきお、大川ぶくぶら24名が「ラーメン大好き小泉さん」描くアンソロ”. 2018年3月7日閲覧。
  12. ^ 上坂すみれのヤバい○○

関連項目編集

外部リンク編集