メインメニューを開く

大幡駅(おおはたえき)は、かつて埼玉県熊谷市柿沼にあった、東武鉄道熊谷線廃駅)である。熊谷線の廃止に伴い、1983年(昭和58年)6月1日に廃止となった。

大幡駅
おおはた
ŌHATA
上熊谷 (3.5km)
(5.7km) 妻沼
所在地 埼玉県熊谷市柿沼
所属事業者 東武鉄道
所属路線 熊谷線
キロ程 4.4km(熊谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1943年昭和18年)12月5日
廃止年月日 1983年(昭和58年)6月1日
備考 路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示
駅周辺を写した航空写真、画像中央が大幡駅舎、高架の道路橋は国道17号熊谷バイパス。1975年1月5日撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

歴史編集

駅構造編集

  • 交換可能駅であったが、晩年には単式ホーム1面1線の地上駅となっていた。
  • 1976年(昭和51年)より、切符は駅前の商店が委託販売をしていた。
  • 1977年(昭和52年)までは駅舎もあり、形状は妻沼駅とよく似ていた。

利用状況編集

1978年(昭和53年)の乗降客数は1日平均704名で、熊谷市街地への買物客や、熊谷市立女子高等学校への通学客が多かった。

駅周辺編集

  • 大幡団地
  • 熊谷市立大幡小学校
  • 熊谷市立大幡中学校
  • 熊谷市立女子高等学校(2008年(平成20年)廃校)

現状編集

駅跡は廃線後もしばらくの間そのままの状態だったが、やがて撤去されてしまった。2011年(平成23年)現在は緑道の歩道になっている。また、付近には鉄道用の柵がそのまま残っている。

隣の駅編集

東武鉄道
熊谷線
上熊谷駅 - 大幡駅 - 妻沼駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1943年12月18日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ a b 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社、2008年、21頁。ISBN 978-4-10-790021-0