メインメニューを開く

大平インターチェンジ (沖縄県)

沖縄県浦添市にある国道330号のインターチェンジ
国道330号標識
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
沖縄県道38号標識

大平インターチェンジ(おおひらインターチェンジ)は沖縄県浦添市大平にある国道330号バイパス)と沖縄県道38号浦添西原線主要地方道)が交差するインターチェンジである(国道が県道をアンダーパスする)。

目次

概要編集

1971年に当時の琉球政府道41号線(現国道330号)のバイパスが古島IC~当IC間が部分開通したのに伴い供用された(当時は那覇方面のみ)。バイパスが当時自動車専用道路として建設されたため、交わる幹線道路とはICによる立体交差となった。1975年には宜野湾市嘉数まで延長し全線開通したのにともない、完全供用となった。 2007年には、国道から県道への分岐道路の拡張工事が完了し、従来の1車線から2車線へと増幅した。

交差道路編集

各方面の主な目的地編集

主な目的地への距離編集

国道330号那覇方面編集

国道330号沖縄市方面編集

バス路線編集

大平バス停(バイパス)
  • 88番・宜野湾線 (琉球バス交通
  • 90番・知花(バイパス)線 (琉球バス交通)
  • 98番・琉大(バイパス)線 (琉球バス交通)
  • 110番・長田具志川線 (琉球バス交通)
  • 112番・国体道路線 (琉球バス交通)
  • 290番・知花おもろまち線 (琉球バス交通)
大平バス停(県道)・美術館前バス停
  • 55番・牧港線 (琉球バス交通)
  • 56番・浦添線 (琉球バス交通)
  • 191番・城間(一日橋)線 (東陽バス

編集

周辺施設編集

関連項目編集

外部リンク編集