メインメニューを開く

大庭 柯公(おおば かこう、1872年8月30日明治5年7月27日[1]) - 1924年?)は、日本の新聞記者随筆家。本名は景秋(かげあき)。山口県長府(現・下関市)出身[2]

目次

生涯編集

白石正一郎の弟である大庭傳七の三男として生まれる[3][4]。傳七は長府藩士であったが、明治維新後、太政官に出仕したため、父に従って上京した。しかし、傳七は1884年に死去[5]。大庭は小学校卒業後は太政官の給仕などの仕事をしながら夜学で英語やロシア語を学ぶ[5]。これらの学習を通じて二葉亭四迷と交際を持った[5]

1896年ウラジオストクに渡航し、商館で通訳を務めた[3][5]。帰国後、第11師団のロシア語教官や陸軍参謀本部の通訳官を歴任する[5]1906年に再度ウラジオストクに渡航したところ、革命派の容疑で拘束された[5]。同年に帰国後、大阪毎日新聞記者となる[5]。1907年(明治30年)ころモスクワに行き、以来、数回にわたってヨーロッパと日本を往復。このほか、特派員としてオーストラリア、フィリピン、南アメリカ、中央アジアなどをも歴訪した[5]。その後東京日日新聞を経て東京朝日新聞に移り、第一次世界大戦に際しては東京朝日記者として東部戦線のロシア軍に従った[5]。また、ペトログラード十月革命に遭遇し、その模様を記事として書き送っている。

帰国後の1918年大阪朝日新聞の「白虹事件」の影響を受けて東京朝日新聞を退社[5]。翌1919年に、同じく東京朝日を退社した松山忠二郎が社長に就任した読売新聞社に招かれて編集局長となった[6]。社会運動に関心をもち、著作家組合、日本社会主義同盟の創立にかかわった。

1921年5月、読売新聞の特派員としてシベリアからロシアに入る[7]極東共和国の取材でチタから送ったレポートを最後に消息を絶つ。その後ウテルスカヤ監獄に7か月間監禁されるなど、スパイの嫌疑で2度逮捕された。1922年4月22日にゲーペーウーから「親ソを装った破壊分子」という容疑で逮捕状が出される[8]。7月25日に「犯罪容疑はないが、政治的危険分子として国外追放」がゲーペーウーより決定され、10月には「11月に日本に送還」との指示が出されたが、帰国しなかった[8][7]山崎今朝弥1925年10月に執筆した文章によると、1922年12月頃にモスクワにいる日本人に対して「来年1月末には日本に着けるだろう」という手紙を送っていた[9]

ロシアで死去したことが1924年に日本に伝えられると、当時の在露日本人社会主義者の密告によって大庭がロシアの官憲に殺されたという噂が流れ、「大庭柯公虐殺真相調査会」も結成されたと山崎の文章にある。また、ロシアに渡ってモスクワで日本語教師を務め、ロシアによる逮捕投獄後に帰国した久保田栄吉こと寺田二三郎は「大庭の密告によって」投獄されたと語り、大庭の投獄については「片山潜のグループの中傷によるもの」だと述べていたことが当時の政府機密文書に残されている[10]。やはりロシアにいた鈴木茂三郎は片山に大庭の釈放を求め、逆に脅されたと回想している[11]。戦前にソ連に渡航した社会主義関係者について調査をおこなっている加藤哲郎は、大庭は粛清された模様であると記している[12]

1924年11月、遺留金として220米ドルが夫人に渡され、1925年1月、関係者によって東京で仮葬儀が営まれた[13]。没後友人関係者によって全集が刊行された。白虹事件でやはり朝日新聞を退社した長谷川如是閑は全集第一巻の序文で「柯公大庭君の前半生と後半生とは、2つの異った色彩を帯びていた。前には国家主義的色彩を帯びていた君は、後には社会主義的色彩を帯びるに至った」と記している。

死後の1992年10月、ロシア政府により名誉が回復された[7]

エスペランティスト編集

大庭は1902年頃にウラジオストクでエスペラントを学び、日本エスペラント協会(JEA)に入会。エスペラントの普及活動に当たった。

著書編集

  • 『柯公全集』柯公全集刊行会、1925年 全5巻・別巻2   
1995年に大空社より復刻、セットのみ購入可能
  • 『南北四万哩』政教社、1911年
  • 『其日の話』春陽堂、1918年
  • 『露国及露人研究』朝日新聞社(朝日文庫)、1951年
  • 『露国及び露人研究』中公文庫、1984年(ISBN 4-12-201109-4)、
朝日文庫の本とは内容は異なる。
  • 『江戸団扇』中公文庫、1988年
『其日の話』を改題したもの

脚注編集

  1. ^ この当時、日本では天保暦が使用されており、グレゴリオ暦とは日付が異なる。
  2. ^ 長府惣社町の生家跡に1996年に建てられた解説碑がある。
  3. ^ a b 『世界大百科事典』
  4. ^ 『朝日日本歴史人物事典』等では父の名を「景明」とする。
  5. ^ a b c d e f g h i j 『朝日日本歴史人物事典』
  6. ^ 『読売新聞百年史』。松山は東京朝日の元編集局長であった。
  7. ^ a b c 読売新聞用語解説
  8. ^ a b 稲子恒夫編著『20世紀のロシア 年表・資料・分析』東洋書房、2007年
  9. ^ 山崎今朝弥「日本社会運動内面史」『解放』解放社、第4巻2号[1]
  10. ^ 山内昭人「片山潜、在露日本人共産主義者と初期コミンテルン」『大原社会問題研究所雑誌』566号、2006年[2]。寺田は久保田名義で1926年に『赤露二年の獄中生活』(矢口書店)を刊行した。
  11. ^ 鈴木徹三「戦後社会運動史資料論―鈴木茂三郎」『大原社会問題研究所雑誌』517号、2001年[3]。鈴木徹三は鈴木茂三郎の子息。
  12. ^ 日本人粛清犠牲者リスト - 加藤のウェブサイト
  13. ^ 中公文庫『露国及び露人研究』の解説(久米茂執筆)による。

参考文献編集

  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年(コトバンク[4]にて閲覧可)
  • 世界大百科事典平凡社(コトバンク[5]にて閲覧可)
  • 芳地隆之『満洲の情報基地ハルビン学院』新潮社、2010年

関連文献編集

  • 久米茂『消えた新聞記者 大庭柯公』雪書房、1968年

外部リンク編集

  • 明治の越境者たち - 国立国会図書館「本の万華鏡」第138回常設展示。大庭の著書『南北四万哩』の紹介がある。