大成 安代(おおなり やすよ、1986年12月25日 - )は、元NHKアナウンサー

おおなり やすよ
大成 安代
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県三原市
生年月日 (1986-12-25) 1986年12月25日(34歳)
血液型 O型[1][要出典]
最終学歴 京都大学経済学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 放送部
職歴 京都山口仙台東京アナウンス室→退職
活動期間 2010年 - 2018年
ジャンル 地域・スポーツ
配偶者 あり
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演経歴 本文参照

人物編集

広島県三原市で育ち、広島大学附属福山高等学校を経て、1浪で京都大学経済学部に進学[2]する。

大学在学中に第23回NHK全国大学放送コンテストで優秀な成績を収め(映像CM部門優勝・他2部門準優勝)、京都大学総長賞を団体受賞[3]。また、メディアアートゼミ学生によるショートムービー『Silent Sound』に出演している[4]

2010年、大学卒業しNHK入局。入局直前に妙心寺退蔵院副住職と結婚[2][5]、「松山安代」の名で入局。大学時代から引き続いて京都放送局勤務となった。

京都放送局時代に携わった、若者向け特別番組『青春替え歌ショー ロバミミ』[注 1]の企画の一環で「赤いスイートピー」の替え歌「苦いバレンタイン」を披露。この替え歌の冒頭で「松山安代の中学時代の本人自ら替え歌にしたものである」との字幕が表示された上で、中学生時代体重が65kgあったこと、当時のあだ名が「歩くコレステロール」だったと歌っている。

2012年2月に牛田茉友と入れ替わる形で山口放送局に異動となった。2年足らずで前夫と離婚したため[2]、異動に伴って姓を旧姓の「大成」に変更している。

2014年7月末、山口から仙台に異動となった[6]

2016年4月、仙台から東京アナウンス室に異動。同月から2018年3月まで『ニュースチェック11』のスポーツキャスターを務めた。番組内では自身の名を冠した「大成チョイス」というコーナーが設けられた。異動後のリオデジャネイロオリンピックや2018年の平昌オリンピックの五輪報道でも活躍した[1][2][7]

自身の31歳の誕生日となる2017年12月25日に、大学時代の友人の紹介で同年6月に知り合った広告関係の会社に勤務する28歳の一般男性と再婚[1]

2018年春、「再婚して、家庭を大事にできる生き方をしたくなりました」との理由でNHKを退職[7]5月30日から[要出典]6月1日に[8]自身のTwitterにて公表した[7][9]。退職後は芸能事務所ではない一般企業に転職し、NHKでの経験を生かして司会やナレーションなどできる範囲で活動を行うとしている[7][9]

2020年6月に第1子を出産したことを公表した[10]

過去の担当番組編集

京都放送局時代(2010年度 - 2011年度)
  • 京都府のニュース・中継・リポート
  • スゴロQ ジャパン(2011年8月22日)- 三宅裕司と共に進行役
山口放送局時代(2012年度 - 2013年度)
仙台放送局時代(2014年度 - 2015年度)
東京アナウンス室時代(2016年度 - 2018年度)

同期のアナウンサー編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2011年春に放送予定だったが、公開収録直前に東日本大震災が発生したことにより収録が中止になったままになっている。

出典編集

  1. ^ a b c “NHK大成アナXマス再婚 31歳誕生日一般男性と”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年12月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712220000059.html 2018年6月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d “NHK五輪報道で活躍「大成安代アナ」は坊さんと結婚後バツイチ”. Smart FLASH (光文社). (2016年8月24日). https://smart-flash.jp/showbiz/geino/11278 2018年6月3日閲覧。 
  3. ^ 第二回「京都大学総長賞」受賞者一覧
  4. ^ 「silent sounds」北野貴章 - KYOTO-U OPEN COURSEWARE
  5. ^ 過去最大25,000人を集めた東京ガールズコレクション 京都のきものをアピール - 京都市長門川大作オフィシャルサイト活動日記2010年3月6日
  6. ^ おおなり食遊記vol.31〜転勤のご挨拶にかえて〜”. NHKやまぐちアナウンサー+スタッフブログ. 2014年7月31日閲覧。
  7. ^ a b c d “NHK大成アナ ユーモア溢れる退局報告「wiki先生も7割位正しい」”. デイリースポーツ onlie. (2018年6月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/03/0011320662.shtml 2018年6月3日閲覧。 
  8. ^ 大成安代の2018年6月1日のツイート2018年6月3日閲覧。
  9. ^ a b “大成安代アナNHK退職していた「家庭を大事に」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2018年6月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806020000937.html 2018年6月3日閲覧。 
  10. ^ 大成安代 (2020年8月8日). “0才1ヶ月20日目の母親です”. note. 2020年8月26日閲覧。

外部リンク編集