メインメニューを開く
Ōte Takuji

大手 拓次(おおて たくじ、1887年11月3日〔ただし戸籍では12月3日〕 - 1934年4月18日)は、日本の詩人

目次

人物編集

群馬県碓氷郡西上磯部村(現安中市)、磯部温泉の温泉旅館・蓬莱館[1]の家に生まれる。同県の安中中学校、高崎中学校、早稲田大学第三高等予科を経て、1907年9月、早稲田大学文学部英文科に入学。この頃より詩を発表しはじめた。1912年卒業。卒論は「私の象徴詩論」。

卒業後しばらくは、詩作のほかこれといった仕事をせず、貧窮に甘んじていたが、1916年にライオン歯磨本舗に就職。以後、生涯をサラリーマンと詩人の二重生活に捧げた。学生時代以来の左耳難聴や頭痛に悩まされ、その後もさまざまな病気で通院、入院を繰り返すなど健康状態は概して良くなく、最後は神奈川県高座郡茅ヶ崎町(現・茅ヶ崎市)のサナトリウム南湖院結核によって亡くなった。戒名は大慈院英学拓善居士[2]

生涯に書かれた詩作品は2400近くにのぼる。作品の発表を盛んに行っていたものの、生前に詩集が発刊されることはなかった。友人や詩壇とのつきあいに乏しく、生涯を独身で通したため、彼に関する偏見や誤解は、生前も死後も強かった。死後(1936年)に刊行された詩集『藍色の蟇』に寄せられた、北原白秋萩原朔太郎の文章に見られる「亜麻色の捲毛に眼は碧い洋種の詩人」「仏蘭西語の書物以外に、日本語の本を殆ど読んで居ない」「永遠の童貞」などはその典型である[3]

『藍色の蟇』に続き、1940年に詩画集『蛇の花嫁』、1941年に訳詩集『異国の香』、1943年に遺稿集『詩日記と手紙』が刊行され、また、1941年には北原白秋、萩原朔太郎、大木惇夫らによって「拓次の会」が発足するなど、彼への評価は決して低いものではなかったが、前述のような事情から彼を異端視する風潮も残り続ける。

戦後、『大手拓次詩集』として刊行した出版社に、創元社角川書店弥生書房思潮社岩波書店がある。また、拓次の著作権を継承した櫻井作次(拓次の弟・櫻井秀男の息子)らの尽力により1970年から1971年にかけて白鳳社から全集(全5巻および別巻)が刊行された(500部限定)。全集の編者の1人である原子朗によると、全集には誤りが多く、新しい全集を企画しているという(岩波文庫版『大手拓次詩集』解説。2007年時点では出版されていない)。

作品編集

初の発表作
藍色の蟇』『慰安』(失樂 1912年)
大正期 - 600篇弱の作品が残されている。
『陶器の鴉』 『つんぼの犬』 『球形の鬼』 『湿気の子馬』 『名もしらない女へ』 『足をみがく男』『香料の顔寄せ』 『盲目の宝石商人』
昭和期以降 - 500篇弱の作品が残されている。
『春の日の女のゆび』 『ばらのあしおと』 『ふりつづくかげ』 『青い鐘のひびき』 『そよぐ幻影』 『噴水の上に眠るものの声』
文語詩870篇、散文詩50篇を残している。
大手拓次詩集(岩波文庫)文語詩篇 まへがき

わがおもひ尽くるなく、ひとつの影にむかひて千年の至情をいたす。あをじろき火はもえてわが身をはこびさらむとす。そは死の翅なるや。この苦悶の淵にありて吾を救ふは何物にもあらず。みづからを削る詩の技なり。されば、わが詩はわれを永遠の彼方へ送りゆく柩車のきしりならむ。よしさらば、われこの思ひのなかに命を絶たむ。 — 大手拓次、『第二 九月の悲しみ』

詩集編集

  • 藍色の蟇』(アルス、1936年) - 処女詩集。本人による同名の186篇の自選詩稿を元に、255篇の選集として死後に刊行された。
  • 『蛇の花嫁』 (龍星閣、1940年) - 詩画集。
  • 『異国の香』 (龍星閣、1941年) - 訳詩集。

その他編集

  • 『詩日記と手紙』(龍星閣、1943年)
  • 『大手拓次詩集』創元選書 1936
  • 『大手拓次詩集』創元文庫 1951
  • 『大手拓次詩集』萩原朔太郎解説 宮崎稔角川文庫 1953
  • 『大手拓次詩集』神保光太郎編 白凰社 青春の詩集 1965
  • 『大手拓次詩集』伊藤信吉弥生書房 世界の詩 1965
  • 大手拓次全集』全5巻 白凰社 1970-71
  • 『大手拓次全集 別巻(大手拓次研究)』白凰社 1971
  • 『大手拓次詩集』思潮社 現代詩文庫 1975
  • 『大手拓次』野口武久ほるぷ出版 日本の詩 1985
  • 『大手拓次詩集』原子朗岩波文庫 1991
  • 斎田朋雄『大手拓次曼陀羅 日記の実像』西毛文学社 1996
  • 『大手拓次/佐藤惣之助』新学社近代浪漫派文庫 2006

脚注編集

  1. ^ 弟の秀男により「磯部館」と改名し、「雀のお宿磯部館」として現在も営業中。
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)61頁
  3. ^ 『藍色の蟇』序(北原白秋)『藍色の蟇』跋文(萩原朔太郎)。大手拓次の研究者としてかれの全集にも関わった原子朗は「大手拓次研究」(『大手拓次全集 別巻』)のなかで、彼らの拓次言説を「虚像」であるとして批判している。

外部リンク編集