メインメニューを開く

大手町合同庁舎(おおてまちごうとうちょうしゃ)は、東京都千代田区大手町にある国の合同庁舎。1号館から3号館までが存在したが、1号館と2号館は解体されている。

概要編集

かつて大手町が官庁街(南側の三井物産ビルの敷地には大蔵省内務省があった)だった経緯から陸軍軍馬局があった国有地に合同庁舎が建設された。1号館が1962年(昭和37年)5月31日竣工、その東側に2号館が1966年10月に竣工し、関東信越国税局(のちに九段第2合同庁舎に移転)などが入居した。1号館の北側に1971年には3号館が竣工。2000年に合同庁舎に入居する機関がさいたま新都心に移転したため、跡地利用が必要になった。当時大手町には開発できる敷地がなく、品川などに本社を移す企業が増えていたことから、大手町をビジネス拠点として整備するために連鎖型都市再生プロジェクトが始まった[1]経団連会館JAビル・日経ビルの3棟の超高層ビル(大手町カンファレンスセンター)に生まれ変わっている。東京国税局は2号館から3号館に移転したが、その後築地に新庁舎を建設し移転している。同じ大手町1丁目3番地には気象庁東京消防庁の庁舎も隣接するが、気象庁は港区の新庁舎に移転する予定となっている。現在3号館には内閣府官民人材交流センター、再就職等監視委員会事務が入居する。

沿革編集

  • 1962年(昭和37年) - 1号館竣工。
  • 1966年(昭和41年)10月 - 2号館竣工。
  • 1971年(昭和46年) - 3号館竣工。
  • 2000年(平成12年) - さいたま新都心に入居機関が移転。関東財務局などが移転。
  • 2009年(平成21年) - 1号館・2号館跡地に3棟の超高層ビルが竣工。
  • 2015年(平成27年) - 3号館に入居していた東京国税局が築地へ移転。日本橋税務署が耐震工事のため仮庁舎として3号館に移転。
  • 2016年(平成28年) - 耐震工事のため京橋税務署が3号館に移転。

脚注編集

関連項目編集