メインメニューを開く

大日岳(だいにちだけ)は、富山県にある飛騨山脈立山連峰から派生する大日尾根にある。山頂の標高は2,501mであるが、山頂近くの三角点の標高は2,498mである。

大日岳
Dainichi Mountains.jpg
大日岳(右)、奥大日岳(左)
標高 2,501 m
所在地 日本の旗 日本
富山県中新川郡立山町上市町
位置 北緯36度35分58秒
東経137度33分00秒
座標: 北緯36度35分58秒 東経137度33分00秒
山系 飛騨山脈大日連峰
大日岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

東に奥大日岳中大日岳があり、西に早乙女岳前大日岳がある。このうち、中大日岳・奥大日岳と合わせて大日三山と称される。ふもとからは、立山の前衛の山として信仰の対象となっていた。

山体は、花崗岩から成る。

巨大登山基地の室堂平周辺でありながら、登山者の多くは立山剱岳方面へ登るため、比較的登山者が少ないエリアである。

登山ルート編集

登山道は、室堂平から室堂乗越・奥大日岳を経るルートと、称名滝近くの称名平から尾根に登り縦走するルートの2つがある。 両方の道は、大日小屋付近で出会い、そこから稜線伝いで大日岳へ至る。

近隣の山小屋編集

周辺の山編集

関連図書編集