大日本帝国海軍文官一覧

ウィキメディアの一覧記事

大日本帝国海軍海軍省軍令部等)の文官の一覧。

海軍の軍務に服する。一般文官と同じように親任官、勅任官及び判任官に分けられる。海軍大臣及び海軍次官は現役の武官であっても在職中は官制上は文官である。

主な海軍文官は、大臣、次官のほか、政務次官、参与官、書記官その他法務官(高等軍法会議法務官など)、司法事務官(法務局員、各鎮守府法務長など)、海軍諸学校の教授、海軍官衙の技師、通訳官、編修官、などで、判任官は属、書記、軍法会議の録事、技手などである。

海軍主計大監編集

海軍主計中監編集

海軍技師・海軍技手編集

海軍編修・海軍編修書記編集

海軍教授編集

主理編集

参考資料編集

  • 海軍文官は、防衛庁防衛研究所図書館史料閲覧室が所蔵する海軍記録『職員進退録』に、採用時に本人が提出した履歴書が残るのが通例である。個人情報なので、アジア歴史資料センターでのネット公開の対象外である。同研究所で閲覧し、複写を申請することはできる。

関連項目編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています