メインメニューを開く

大晃 定行(おおひかり さだゆき、1927年9月24日 - 1996年1月14日)は、北海道上磯郡上磯町(現役当時、現在の北斗市)出身で、出羽海部屋に所属した大相撲力士。本名は柴田 定行(しばた さだゆき)。現役時代の体格は181cm、115kg。最高位は東小結1958年7月場所)。得意手は突っ張り、叩き、左四つ、寄り。大相撲屈指の黄金時代といわれる、時代の名力士として知られている。

大晃 定行 Sumo pictogram.svg
Oohikari 1958 Scan10002.JPG
大晃(1958年頃)
基礎情報
四股名 柴田 定行 → 巴浦 定行 → 大晃 定行
本名 柴田 定行
生年月日 1927年9月24日
没年月日 (1996-01-14) 1996年1月14日(68歳没)
出身 北海道上磯郡上磯町(現在の北斗市
身長 181cm
体重 115kg
BMI 35.1
所属部屋 出羽海部屋
得意技 突っ張り、叩き、左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位小結
生涯戦歴 526勝539敗3分15休(79場所)
幕内戦歴 455勝489敗1分15休(64場所)
敢闘賞1回
データ
初土俵 1944年1月場所
入幕 1950年9月場所
引退 1963年11月場所
引退後 年寄阿武松
備考
金星5個(東富士1個、鏡里1個、若乃花3個)
2019年8月4日現在

引退後は、年寄阿武松を襲名した。

来歴編集

地元の高等小学校卒業後自動車の運転手として働いていたが体格が大きくもともと力士志望だったため、同じ渡島支庁福島町出身の千代ノ山を慕って出羽海部屋に入門し、1944年1月場所に於いて初土俵を踏んだ。当初の四股名は、本名でもある「柴田」。その後、「巴浦」の四股名1949年1月場所で十両へ昇進、「大晃」と改名した1950年9月場所で新入幕を果たした。181cm、115kgの長身痩躯だった。

初めて幕内上位に上がった1952年9月場所では、4日目に東富士を破って金星を獲得したほか、1956年5月場所では西前頭9枚目で12勝3敗と好成績を残した。同場所では、大関・若ノ花(のち若乃花)との優勝決定戦に臨み、敗れて優勝は逸したものの生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞している[1]。金星は若乃花などから通算5個挙げている。

以後は激しい上突っ張りと左四つでの寄りを武器に、三役から幕内上位の常連となった[1]。若乃花には1959年11月場所、6日目の一番で念願の初勝利となる金星を挙げた(エピソードの項参照)。

丈夫で休まないことでも知られ、1963年1月場所7日目に史上初めて初土俵から通算1000回連続出場を達成し、翌8日目には土俵上で特別表彰を受けた[1]。記録に関して協会から表彰を受けたのは大晃が初めてといわれる[要出典]。連続出場は1068回まで伸ばしたが、右アキレス腱を断裂したために同年11月場所を休場、この場所限りで現役を引退した。引退後は年寄・阿武松として出羽海部屋付きの親方となり勝負審判も長く務め、1992年9月場所限りで停年(定年)退職した。

1996年1月14日、逝去。享年68。

闘志溢れる取り口から人気は高かったが、若い頃から額が禿げ上がっていたため、「大光り」とも言われていた[要出典]

エピソード編集

大晃は入門前に運転手の仕事をしていたこともあって、報道陣や後援者が自動車でやって来ると、稽古はそっちのけで自動車をのぞいたり、触ったりするのが好きだった。1959年11月場所前、後援者の一人が「関取、そんなにクルマが好きかい?よし、今場所若乃花(横綱)に勝ったら、クルマをプレゼントしよう」と言われたものの、過去若乃花には決定戦含め10連敗中と全く歯が立たない。この場所東前頭4枚目の大晃、若乃花との対戦は6日目にやって来た。大晃は「負けて元々、イチかバチかこれでいこう!」と腹をくくって土俵に上がった。立合い、長いリーチを生かして若乃花の出鼻を突っ張り、頭を下げて出てくるところを思い切って体を開いて叩いた。すると、あれほど難攻不落だった若乃花がバランスを崩してバッタリと両手をついた。若乃花から初めて白星(金星)を挙げ、約束通り自動車をものにした。

主な成績・記録編集

  • 通算成績:526勝539敗3分15休 勝率.494
  • 幕内成績:455勝489敗1分15休 勝率.482
  • 現役在位:79場所
  • 幕内在位:64場所
  • 三役在位:2場所(小結2場所)
  • 連続出場:1068回(1944年1月場所-1963年9月場所)
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1956年5月場所)
  • 金星:5個(東富士1個、鏡里1個、若乃花3個)

場所別成績編集

大晃 定行
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1944年
(昭和19年)
(前相撲) x 西序ノ口3枚目
3–2 
x x 西序二段29枚目
3–2 
1945年
(昭和20年)
x x 東三段目29枚目
3–2 
x x 西三段目11枚目
2–3 
1946年
(昭和21年)
x x x x x 東三段目14枚目
4–3 
1947年
(昭和22年)
x x 西三段目4枚目
4–1 
x x 東幕下16枚目
3–2
(1引分)
 
1948年
(昭和23年)
x x 東幕下7枚目
3–3 
x 西幕下5枚目
5–1 
x
1949年
(昭和24年)
東十両10枚目
6–7 
x 東十両11枚目
9–6 
x 東十両6枚目
7–8 
x
1950年
(昭和25年)
東十両7枚目
9–6 
x 西十両2枚目
10–4
(1引分)
 
x 西前頭16枚目
7–8 
x
1951年
(昭和26年)
東前頭17枚目
6–9 
x 西前頭20枚目
8–7 
x 西前頭16枚目
8–7 
x
1952年
(昭和27年)
東前頭15枚目
8–7 
x 西前頭12枚目
11–4 
x 東前頭2枚目
4–11
x
1953年
(昭和28年)
西前頭6枚目
7–8 
西前頭7枚目
5–10 
西前頭11枚目
5–10 
x 西前頭14枚目
9–6 
x
1954年
(昭和29年)
東前頭11枚目
6–9 
東前頭14枚目
7–8 
西前頭15枚目
6–9 
x 西前頭17枚目
7–8 
x
1955年
(昭和30年)
西前頭18枚目
9–6 
西前頭13枚目
8–7 
東前頭12枚目
6–9 
x 西前頭14枚目
7–8 
x
1956年
(昭和31年)
東前頭15枚目
9–6 
西前頭8枚目
7–8 
西前頭9枚目
12–3[2]
x 西前頭3枚目
3–12 
x
1957年
(昭和32年)
東前頭11枚目
8–7 
東前頭9枚目
8–7 
西前頭7枚目
5–10 
x 西前頭15枚目
10–5 
東前頭9枚目
9–6 
1958年
(昭和33年)
西前頭4枚目
7–8
東前頭5枚目
8–7 
西前頭3枚目
9–6 
東小結
7–8 
東前頭筆頭
8–7 
東張出小結
4–11 
1959年
(昭和34年)
東前頭4枚目
9–6 
東前頭2枚目
6–9 
東前頭7枚目
7–8 
西前頭8枚目
6–9 
東前頭11枚目
9–6 
東前頭4枚目
9–6
1960年
(昭和35年)
東前頭筆頭
7–8 
東前頭3枚目
9–6 
東前頭筆頭
6–9 
西前頭3枚目
5–10 
東前頭5枚目
9–6 
西前頭筆頭
7–8
1961年
(昭和36年)
西前頭2枚目
4–11 
東前頭6枚目
9–6 
東前頭2枚目
6–9 
西前頭5枚目
9–6 
西前頭筆頭
6–9
西前頭4枚目
6–9 
1962年
(昭和37年)
東前頭10枚目
8–7 
東前頭9枚目
5–10 
東前頭12枚目
10–5 
東前頭7枚目
10–5 
西前頭筆頭
5–10 
西前頭6枚目
6–9 
1963年
(昭和38年)
東前頭11枚目
9–6 
西前頭4枚目
5–10 
西前頭7枚目
6–9 
西前頭9枚目
7–8 
東前頭10枚目
7–7
(1引分)
 
西前頭10枚目
引退
0–0–15[3]
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p26
  2. ^ 若ノ花と優勝決定戦
  3. ^ 右アキレス腱断裂により全休