メインメニューを開く

大木 利男(おおき としお、1938年2月11日 - )は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手外野手)。

大木 利男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1938-02-11) 1938年2月11日(81歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

静岡県静岡市出身。静岡商時代は、1955年春の甲子園左翼手で出場(初出場の明星高大阪府)に初戦敗退)。チームメイトには松浦三千男(のち阪神でチームメイトになる[1])がいる。

1956年に大阪タイガースに入団。二軍のウエスタン・リーグでは恵まれた体格を生かして長距離砲として活躍したが、一軍では遂に一度も出場できなかった。1958年限りで退団。

1959年より社会人野球の東芝富士でプレーしていた。

現在は、熱海市花屋を営んでいる。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 44 (1956年 - 1958年)

脚注編集

関連項目編集