大村 純保(おおむら すみもり)は、江戸時代中期の大名肥前国大村藩8代藩主。官位従五位下弾正少弼

 
大村純保
時代 江戸時代中期
生誕 享保19年2月22日1734年3月26日
死没 宝暦10年12月16日1761年1月21日
改名 幾之助、純保
墓所 東京都港区高輪の承教寺
東京都大田区池上本門寺
官位 従五位下弾正少弼
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純富、笹井氏
兄弟 純保、采女
植村家包
純将純鎮
テンプレートを表示

略歴編集

享保19年(1734年)2月22日、7代藩主・大村純富の長男として大村にて誕生。幼名は幾之助。

寛延元年(1748年)に父の死去により跡を継いだ。宝暦10年(1760年)12月16日に27歳で死去し、次男の純鎮が跡を継いだ。墓所は東京都港区高輪の承教寺、東京都大田区池上本門寺

系譜編集