大村 純信(おおむら すみのぶ)は、江戸時代前期の大名肥前国大村藩3代藩主。官位従五位下丹後守

 
大村純信
Omura Suminobu.jpg
大村純信像(大村市立史料館蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 元和4年10月9日1618年11月25日
死没 慶安3年5月26日1650年6月24日
官位 従五位下丹後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
肥前大村藩
氏族 大村氏
父母 大村純頼大村頼直
伊丹勝長娘松
純長
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主大村純頼の長男として誕生。母は大村頼直の娘。正室は伊丹勝長の娘・松。

父・純頼が元和5年(1619年)に早世したとき、純信はまだ2歳であり、大村藩はいきなり改易の危機となる。この時、家臣の奔走により幕府に純信の襲封を認めさせることに成功し、元和6年(1620年)に藩主となる。しかし、純信も慶安3年(1650年)に子のないまま33歳で死去し、再び改易の危機に瀕することとなる。正室・松の兄弟である大村純長伊丹勝長の四男)が末期養子となることでその危機を脱した。