メインメニューを開く

関東映配株式会社(かんとうえいはい)は、かつて存在した日本の映画製作配給会社である[1][2][3][4][5][6][7][8]。1965年(昭和40年)2月、元新東宝関西支社長の星光一郎が[9]東京都台東区に設立した[1][2][4][5]。1971年(昭和46年)7月ころ、大東映画株式会社(だいとうえいが)と改称している[7][8][3][4]

関東映配株式会社
Kanto Eihai Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
110-0015
東京都台東区東上野2丁目20番8号 国際ビル
設立 1965年2月1日
業種 サービス業
事業内容 映画製作配給
代表者 代表取締役社長 星光一郎
資本金 200万円
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1965年2月1日 - 関東映配株式会社として設立[1][2][5]
  • 1971年7月ころ - 大東映画株式会社と改称[7][8][3][4]
  • 1975年末 - 活動停止[7][8]

概要編集

関東映配株式会社が設立される4年前の1961年(昭和36年)8月31日、新東宝が倒産、関西支社を中心に設立した新東宝興業(現在の新東宝映画、代表並木謹也)が、成人映画、いわゆるピンク映画の製作・配給を開始した[5]。新東宝の社長であった大蔵貢は、1962年(昭和37年)1月、富士映画を母体に大蔵映画を設立、映画の製作・配給を開始していた[5]。新東宝の関西支社長であった星光一郎(1911年 - 没年不詳)は[9]、1965年(昭和40年)2月1日、東京都台東区東上野2丁目20番8号の国際ビル内に関東映配株式会社を資本金200万円で設立した[1][2][3][4][5]。星は、1911年(明治44年)に宮城県に生まれ、1931年(昭和6年)3月に巣鴨高等商業学校(現在の千葉商科大学)を卒業し、その後の経歴は不明であるが、第二次世界大戦後の1950年(昭和25年)に新東宝に入社、中部支社長を経て関西支社長を務めた人物である[9]。同社を設立した年、星は満54歳を迎えた[1][2][3][4][9]

同社設立の2か月後の同年4月、大蔵映画がピンク映画の興行網「オーピーチェーン」を提唱、上野パーク劇場台東区上野2丁目)、カジバシ座中央区八重洲2丁目)、目黒ライオン座(現在の目黒シネマ品川区上大崎2丁目)、池袋シネマセレサ(現在のシネマロサ2豊島区西池袋1丁目)、横浜東亜映画劇場横浜市中区曙町1丁目)、大宮大蔵劇場(のちの大宮オークラ劇場、当時・大宮市宮町1丁目)、立石金竜座葛飾区立石7丁目)、市川日活館(のちの市川オークラ劇場市川市市川1丁目6番19号)、笹塚パール座渋谷区笹塚)の8館がこれに参加、同社および日本シネマフィルム葵映画関東ムービー配給社ヒロキ映画等が製作した作品を大蔵映画が配給し、同月第1週からこれらの作品の上映を開始した[1]

日本映画データベースによれば、同年から1969年(昭和44年)までは、他の製作会社の製作物を同社が配給したとする作品がみられる[8]。それによれば、同社が配給した最初の作品は、同年9月に公開された大野裕司監督の『火遊び』で、同作は中映プロダクションが製作したという[8]。大野裕司は、東京国立近代美術館フィルムセンターの「所蔵映画フィルム検索システム」によれば、堀越善明(1935年 - [10][11])の変名であり[6]、堀越は、劇団炎座[12]の演出部出身の監督であった[11]。そのほか、『女の破局』(監督飛田良、1966年11月公開)、『縄と乳房』(監督経堂一郎岸信太郎、1967年1月31日公開)、『ダブルドッキング』(監督岸信太郎・藤田潤八、1967年11月21日公開)等、山邊信雄(1933年 - )のヤマベプロダクションの製作物を多く配給している[8]文化庁の「日本映画情報システム」によれば、それらの作品もすべて同社が製作したとしており、配給会社のクレジットはない[7]

1971年(昭和46年)7月に公開された門前忍(山本晋也の変名[13])監督の『指と舌』を最後に、同社名での作品歴がみられず、大東映画株式会社と改称している[7][8][4]井川耕一郎の指摘によれば、渡辺護が監督した『男ごろし 極悪弁天』(脚本石森史郎、1970年公開)、『おんな地獄唄 尺八弁天』(脚本大和屋竺、1970年10月公開)、『濡れ弁天御開帳』(脚本阿部桂一、1972年1月公開)は、同社が製作したとのことである[14]。『映画年鑑 1973』によれば、『おんな地獄唄 尺八弁天』は日本映画データベース等に記述はないが、同社の作品である[3]。改称以降は渡辺護、稲尾実がほとんどの作品を監督した[7][8]。1975年(昭和50年)11月に公開された藤本潤二監督の『若妻花弁のうずき』を最後に、作品歴がみられず、活動を停止した[7][8]。このころには、同社を経営していた星は、満64歳を迎えている[1][2][3][4][9]

2014年(平成26年)5月現在、同社の入居した国際ビルは現存する(1959年竣工[15][16]。同社の関わった映画のうち、『情事の階段』(監督松原次郎)、『鞭と肌』(監督岸信太郎)、『柔肌しぐれ』(監督飛田良)、『肉地獄』(監督松原次郎)、『ダブルドッキング』、『おんな地獄唄 尺八弁天』(監督渡辺護)、『(秘)湯の町 夜のひとで』(監督渡辺護)、『好色旅枕百人斬り』(監督渡辺護) の8本のみが、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されている[6][17]

企業データ編集

おもなフィルモグラフィ編集

すべて「配給」あるいは「製作」であり、特筆しないものはすべて「製作」であり、配給は大蔵映画である[1][3][7][8]。変名による監督作は丸カッコで一般的に知られる名を示した[6][13]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)等の所蔵状況についても記す[6][17]

関東映配編集

大東映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 年鑑[1966], p.118-119, 378.
  2. ^ a b c d e f g h i 年鑑[1967], p.380.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 年鑑[1973], p.137, 153-157, 169-171, 174, 180-182, 240.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 年鑑[1974], p.190.
  5. ^ a b c d e f 田中[1976], p.85-86.
  6. ^ a b c d e f g h 所蔵映画フィルム検索システム検索結果、東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年5月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 関東映配、日本映画情報システム、文化庁、2014年5月19日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 1965年 公開作品一覧 509作品1966年 公開作品一覧 486作品1967年 公開作品一覧 431作品1968年 公開作品一覧 482作品1969年 公開作品一覧 537作品1970年 公開作品一覧 365作品1971年 公開作品一覧 392作品1972年 公開作品一覧 390作品1973年 公開作品一覧 391作品1974年 公開作品一覧 341作品1975年 公開作品一覧 411作品日本映画データベース、2014年5月19日閲覧。
  9. ^ a b c d e 鈴木[1958], p.457.
  10. ^ 堀越善明jlogos.com, エア、2014年5月19日閲覧。
  11. ^ a b キネ旬[1976], p.358.
  12. ^ 劇団炎座早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、2014年5月19日閲覧。
  13. ^ a b フィルモグラフィ渡辺護、2014年5月19日閲覧。
  14. ^ 渡辺護さんは関東映配で「弁天もの」を三本撮っています井川耕一郎、2013年2月2日付、2014年5月19日閲覧。
  15. ^ a b 第一国際ビル、オフィスナビ、2014年5月19日閲覧。
  16. ^ a b 東京都台東区東上野2丁目20番8号Google マップ、2014年5月19日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j 平成16年度独立行政法人国立美術館事業実績統計表独立行政法人国立美術館、2014年5月19日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集