メインメニューを開く

大柴胡湯(だいさいことう)は、『傷寒論』に記載されている漢方薬の処方で、最も重要な処方の一つである。

処方編集

柴胡黄芩芍薬大棗半夏生薑枳實大黄

以上の薬味を、半量になるまで煎じ、かすを濾した後さらに半分になるまで煮詰める。

編集

小柴胡湯の証(胸や脇腹が苦しく、みぞおちのあたりが張って、吐き気がある)の症状がさらに激しいときに用いる。小柴胡湯を処方しても直らない場合に用いられる。熱病が長引き、熱が上がったり下がったりし、便秘気味の場合に用いる。

現在では、アトピー性皮膚炎,胆嚢炎胆石などに用いられることが多い。