大森 実(おおもり みのる、1922年1月13日 - 2010年3月25日〈日本時間3月26日〉)は日本のジャーナリスト兵庫県神戸市出身[1]

おおもり みのる
大森 実
生誕 (1922-01-13) 1922年1月13日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市[1]
死没 (2010-03-25) 2010年3月25日(88歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ミッションビエホ[1]
出身校 旧制兵庫県立神戸経済専門学校
職業 ジャーナリスト

作家の柴田錬三郎は従兄弟[2]

略歴編集

人物編集

1949年毎日新聞大阪本社に岡山県の浮浪者収容施設「岡田更生館」で収容者が多数虐待死させられているという情報が、同施設の脱走者からもたらされた。社会部記者であった大森は県警の協力を得て同僚と共に浮浪者に変装し、潜入取材を敢行。6畳ほどの部屋に15名が折り重なるようにして寝起きするという劣悪な環境下で結核と疥癬が蔓延し、食事もろくに与えられず、飢餓状態に置かれている凄惨な状況を目にする。収容者の中から選ばれて昇格した指導員の暴力が常態化し、脱走を試みた者は激しい私刑に遭うなどして70名以上の死者が出ていたが、遺体は裏山で密かに火葬されていた。大森のこの恐るべきスクープを毎日新聞は同年2月18日に朝刊紙面に載せ、衆参両院の厚生委員会で議題に採り上げられる等、大きな反響を呼んだ。岡田更生館は県営の優良施設とされていたが、実際は収容者を養うための公金を施設長らが横領し、発覚を恐れて収容者を厳しく監禁していたのである[7]

1965年、毎日新聞外信部長として特派員団を組織・派遣し、ベトナム戦争の現地取材にあたらせた[8]。これは後に『泥と炎のインドシナ』として単行本となる[8]。大森自身も同年秋に西側記者として初めて北ベトナム(当時)の首都ハノイに入り、取材をおこなった[8]。その中で、1965年10月3日朝刊に「米軍が北ベトナム・クインラップのハンセン病病院を爆撃したことは、北ベトナムの撮影した記録フィルムから見て事実だ」とする記事が掲載された。これに対して駐日アメリカ大使のエドウィン・O・ライシャワーが「全く事実に反する内容」と大森を名指しで批判する事態に発展した。毎日新聞側は当初「報道は正確である」と主張したが、大森は翌年1月に、同紙の姿勢について「自分の報道を事実上修整した」として退職した[1][9][注 1]

退社し独立後は、主に米国から見た日本のスタンスに警鐘を鳴らすなど、テレビ出演や多くの著書を上梓した。

受賞編集

  • UCLA国際ジャーナリズム賞(1956)
  • ボーン上田国際記者賞〔昭和35年〕
  • 日本新聞協会賞〔昭和40年〕「泥と炎のインドシナ」

著書編集

単著編集

  • 『ペンは生きている』河出書房、1952年
  • 『特派員五年 日米外交の舞台裏』毎日新聞社、1959年
  • 『国際事件記者 正続』中央公論社、1964年 - 1965年
  • 『アジアの内幕 その苦悩と新たなる胎動』弘文堂〈フロンティア・ブックス〉、1964年
  • 『国際記者の眼 激動の世界外交を見る』講談社〈ミリオン・ブックス〉、1964年
  • 『北ベトナム報告』毎日新聞社、1965年
  • 『泥と炎のインドシナ 毎日新聞特派員団の現地報告』毎日新聞社(監修)、1965年 (ASIN B000JAEGJC) - 日本語の本として初めてベトナム戦争の戦況・惨状などを詳しく報告
  • 『国際記者情報』秋田書店〈サンデー新書〉、1966年
  • 『第三の引金 米世界戦略の実験室』潮出版社〈潮新書〉、1966年
  • 『大統領の紋章 ジョンソン政治の内幕』潮出版社〈潮新書〉、1966年
  • 『天安門炎上す 毛沢東革命の内幕』潮出版社、1966年
  • 『世界の政治家エンマ帖』文藝春秋、1967年
  • 『炎と氷』集英社、1967年
  • スカルノ最後の真相』新潮社、1967年
  • 『あかい太陽をめぐって』宮川書房、1967年
  • 『火焔に包まれた日本』徳間書店、1968年
  • 『挑戦 特ダネを追う一匹狼』徳間書店、1968年
  • 『沖縄・朝鮮・日本』ノーベル書房、1969年
  • 金日成と南朝鮮 日米安保の標的・朝鮮緊張報告』サイマル出版会、1970年
  • 『民族戦争 侵略と解放』新人物往来社〈現代の戦争2〉、1970年
  • 『カンボジア戦記』新人物往来社、1970年
  • 『中国-八億の挑戦』講談社、1971年
  • ニクソン 矛盾に悩むアメリカの顔』祥伝社〈祥伝社ノン・ブック〉、1971年
  • 『世界ゴルフ武芸帖』文藝春秋、1971年
  • 『石に書く ライシャワー事件の真相』潮出版社、1971年
  • 『従属からの脱出 日本人の国際感覚』双葉社、1972年
  • 『虫に書く ある若きジャーナリストの死』潮出版社、1972年
  • 大森実『直撃インタビュー』週刊現代編集部編、講談社〈全速記 1-2〉、1973年
  • 『ウォーターゲート事件』潮出版社、1973年
  • 『国際ゴルフ記者』産報〈マスターズ・ライブラリー〉、1973年
  • 『大森実の地球直撃野郎』東京スポーツ新聞社、1973年
  • 大森実選集(全6巻、講談社)1974年 - 1975年
    • 第1巻 国際事件記者(続・国際事件記者/ヒロシマ緑の芽)
    • 第2巻 新聞新兵突撃す(スカルノ最後の真相/還らざる島沖縄)
    • 第3巻 石に書く(北ベトナム報告/第三の引金)
    • 第4巻 虫よ、釘よ、中島よ(カンボジア戦記)
    • 第5巻 大統領の紋章(R・ニクソン/ウォーターゲート事件)
    • 第6巻 民族戦争(――その軋みの分析/従属からの脱出)
  • 戦後秘史(全10巻、講談社)1975年 - 1976年、講談社文庫(1981年)
    • 1 崩壊の歯車
    • 2 天皇と原子爆弾
    • 3 祖国革命工作
    • 4 赤旗とGHQ
    • 5 マッカーサーの憲法
    • 6 禁じられた政治
    • 7 謀略と冷戦の十字路
    • 8 朝鮮の戦火
    • 9 講和の代償
    • 10 大宰相の虚像
  • 人物現代史(全13巻、講談社)1978年 - 1980年
    • 1 ヒトラー/炎の独裁者。のち文庫
    • 2 ムッソリーニ/悲劇の総統。のち文庫
    • 3 スターリン/鋼鉄の巨人。のち文庫
    • 4 チャーチル/不屈の戦士
    • 5 ルーズベルト/自由世界の大宰相
    • 6 ケネディ/挑戦する大統領
    • 7 ド・ゴール/孤高の哲人宰相
    • 8 ホー・チ・ミン/不倒の革命家
    • 9 毛沢東/不世出の巨星
    • 10 ファイサル/砂漠の帝王
    • 11 ネール/第三世界の立役者
    • 12 カストロ/カリブ海の覇者
    • 13 現代史のルーツ/乱世の群像
    • ヒトラー、講談社文庫
    • ムッソリーニ、同上
    • スターリン、同上
  • 『80年代日本は再び孤立するか 国際感覚ゼロの日本外交を直撃』太陽企画出版、1981年4月
  • 『国際情報都市ロスの死角』中央公論社、1985年11月
  • ザ・アメリカ勝者の歴史 全10巻、講談社、1986年 - 1989年
  • 『恐慌が迫る アメリカの報復』講談社、1987年3月
  • 『世界が大きく動く 大恐慌にいかに備えるか』講談社、1988年1月
  • 『大森実の国際戦略論』毎日新聞社、1988年11月
  • 『アメリカとは何か100章 興亡の岐路に立つこの超大国を日本人はどう理解すべきか』講談社、1989年5月、講談社文庫(1993年)
  • 『ラグナビーチより愛をこめて 大森実のアメリカ日記』学習研究社、1989年11月
  • 『エンピツ一本』講談社、1992年
  • 『アメリカの内幕世界の展望 私の日記より』徳間書店、1992年3月
  • 『再び恐慌が迫る このカオス世界と日本』徳間書店、1993年10月
  • 『素顔のアメリカ人』講談社、1993年6月
  • 『アメリカからの最後の警告 世界知らずの日本人へ捧ぐ亡国・憂国論』徳間書店、1994年11月
  • 『日本はなぜ戦争に二度負けたか 国民不在の政治』中央公論社、1998年6月、中公文庫(2001年)
  • 『陰謀 大統領を葬れ』徳間書店、1999年4月
  • 『わが闘争 わが闘病』講談社、2003年1月
  • 『激動の現代史五十年 国際事件記者が抉る世界の内幕』小学館、2004年6月

共著編集

評伝編集

  • 小倉孝保『大森実伝 アメリカと闘った男』毎日新聞社、2011年。
  • 『大森実ものがたり』街から舎、2012年。関係者・知人73名による追想録。

出演編集

テレビ編集

映画編集

受賞編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2011年2月28日付けの毎日新聞の記事に掲載されたライシャワーの元特別補佐官の証言では、ライシャワーの発言は情勢を把握した上でのものではなく、ライシャワーは後年「私の外交官人生で最悪の間違いだった」として、大森に謝罪したいと考えていたという[9]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j “ジャーナリストの大森実氏死去 ベトナム報道で活躍”. 共同通信. (2010年3月26日). オリジナルの2014年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140505001230/http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032601000420.html 2014年5月5日閲覧。 
  2. ^ 『わが闘争 わが闘病』(講談社)P,2
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ a b c d e “戦争ジャーナリスト大森実氏が死去”. 日経新聞 (日経新聞社). (2010年3月26日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASDG2602Q_W0A320C1CC0000 2020年2月8日閲覧。 
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  7. ^ 大森実「死獄」『挑戦 特ダネを追う一匹狼』徳間書店、1968年。
  8. ^ a b c 岩垂弘 (2006年10月5日). “もの書きを目指す人びとへ、わが体験的マスコミ論”. イーコン. 2009年8月13日閲覧。
  9. ^ a b “北ベトナム 大森実氏の病院爆撃報道 45年癒えぬ傷”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 6面. (2011年2月28日) 
  10. ^ 新聞協会賞受賞作(1965年)”. 日本新聞協会. 2020年2月8日閲覧。