メインメニューを開く

大森 義太郎(おおもり よしたろう、明治31年(1898年9月26日 - 昭和15年(1940年7月28日)は日本マルクス経済学者。筆名に成瀬光雄がある。

目次

経歴編集

神奈川県横浜市出身。大正11年(1922年)東京府立四中から一高を経て、東京帝国大学経済学部卒。卒業と同時に同学部助手。大正13年(1924年)東京帝国大学助教授。1928年4月に三・一五事件に関連して東大を辞職し、以後は講壇ジャーナリストとして生活することになる。

1933年に『唯物弁証法読本』を出版。

1937年の人民戦線事件で検挙。1938年に病気のため保釈されたが、失意のうちに胃癌のため[1]生涯を閉じた。

著書編集

  • 唯物史観 経済学全集 第48巻 改造社 1932
  • 史的唯物論 現代史学大系 第3巻 共立社 1932
  • 『唯物弁證法讀本』中央公論社 1933年4月5日
  • まてりありすむす・みりたんす 中央公論社 1934.8
  • マルクシズムのABC 北斗書院 1946.4

翻訳編集

  • 理論経済学概説 エミール・レーデラー 有沢広巳共訳 明善社 1926
  • レーニンと弁証法的唯物論 レーニン「唯物論と経験批判論」への序論 デボーリン 叢文閣 1927.9
  • 唯物論と經驗批判論 反動哲学の批判的考察 レーニン 山川均共訳 白揚社 1929 (レーニン全集)
  • 剰余価値学説史 第2巻 カール・マルクス 猪俣津南雄共訳 改造社 1936

脚注編集

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)6頁

関連項目編集

  • 河津暹 - 東大辞職時の経済学部長。