メインメニューを開く

大槻毅

日本のサッカー指導者、浦和レッズの監督

大槻 毅(おおつき つよし、1972年12月1日 - )は、宮城県仙台市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 浦和レッズ監督。

大槻 毅 Football pictogram.svg
名前
愛称 組長、アウトレイジ[1]
カタカナ オオツキ ツヨシ
ラテン文字 OTSUKI Tsuyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-12-01) 1972年12月1日(46歳)
出身地 宮城県仙台市
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
ソニー仙台FC
宮城教員クラブ
監督歴
2018 浦和レッズ
2019- 浦和レッズ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

筑波大学卒業後、宮城県富谷高等学校で教諭を務めながらJFLソニー仙台FCなどでプレー。退職後も複数のJリーグクラブでコーチを歴任し、2011年に地元クラブのベガルタ仙台のヘッドコーチに就任。データを駆使した分析のスペシャリストとして仙台のリーグ4位という好成績に貢献するが、1年で退団した[2]

2012年シーズンより浦和レッズの強化部スタッフに加入[2]。2013シーズンより大橋浩司の後任として浦和の育成ダイレクター兼ユース監督に就任[3] し、以降チームを2015Jユースカップ優勝、2015Jリーグインターナショナルユースカップ優勝、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ関東2016での優勝に伴うプレミアリーグ昇格へ導く。この間関根貴大広瀬陸斗茂木力也邦本宜裕らを輩出している。

2018年4月2日、トップチームを率いていた堀孝史が成績不振により契約解除されたことに伴い、暫定的にトップチーム監督に就任した[4]。シーズン開幕後リーグ戦の勝利がない(2分3敗)状況に、大槻はメンタルの部分での立て直しに注力。就任直後のルヴァンカップグループステージ第3節・サンフレッチェ広島戦で直近のリーグ戦からスタメンを総入れ替えしスコアレスドローに持ち込むと、リーグ戦第6節・ベガルタ仙台からは前々任のミハイロ・ペトロヴィッチ時代に採用していた3バックに戻してリーグ戦3連勝を果たし、チームを復調に導いた[5]。4月19日、後任の監督にオズワルド・オリヴェイラの就任が発表され、第9節・北海道コンサドーレ札幌戦を以て指揮を離れることとなった[6]が、この間の公式戦での戦績は4勝2分(リーグ戦3勝1分・カップ戦1勝1分)で、就任中無敗でオリヴェイラに引き継ぐこととなった[7]。第9節終了翌日の4月22日に発表されたオリヴェイラ体制では、大槻はヘッドコーチとしてトップチームに留任することとなった[8]。この人事の理由としてGMの中村修三は「チームを一番理解していて、オリヴェイラを全面的にサポートできる人材」である事、また大槻の前職が育成ダイレクターであったことから、「トップと育成の繋がりを強化したい」という狙いの為と語っている[9]

2019年シーズン開幕後の3月8日、クラブが「海外クラブとのネットワーク構築推進プロジェクト」を立ち上げることが発表され、大槻がプロジェクト責任者として従事するためにトップチームコーチの任を離れることが発表された[10][11](この件について、後に日刊スポーツは「選手からの信頼の厚い大槻にオリヴェイラが危機感を覚え、大槻をトップチームから外すようフロントに迫ったことによるもの」と報じている[12])。しかし同年5月29日、オリヴェイラが成績不振から監督を解任されたことに伴い、後任として再び浦和の監督に就任することが発表された[13]

人物編集

戦術分析(前述)の他にモチベーターとしての手腕に長けているとの評価があり、荻原拓也は「あの人の言葉には、いつも信頼や期待が込められている」「あの人のために、と思わせてくれる監督」と評し、遠藤航も「話し方が上手く、話に引き込ませる力のある方」と評している[14]。仙台時代に指導を受けた渡辺広大も大槻が毎日のように自らの居残り練習に付き合ってくれたことに触れ、「(分析担当ということから)冷静なイメージがあるかもしれないけど、熱い人です」と評している[15]

仙台コーチ時代に東日本大震災に遭遇している。地震発生時は仙台のクラブハウスにいたが、地震発生直後にクラブハウス内にいた新聞記者数名に「外へ出ろ。危ないぞ」と屋外避難を指示、記者たちが難を逃れている[15]

2018年の浦和トップチーム暫定監督時代には髪をオールバックにし、背広姿、強面の表情でポケットに手を突っ込みながらピッチ内を睨みつけ叱咤激励を繰り返す姿に、メディアやサポーターから「親分」[5]「組長」[1]アウトレイジ[7] などと称され、槙野智章も自身のInstagramで大槻のラストマッチとなる札幌戦の前に「アウトレイジ 最終章」などと煽っていた[16][17]。この風貌について大槻自身には「同じサッカーの仕事でもカテゴリーが違って、日本のトップのところでやるとなった時に、自分自身も一緒じゃダメだ、何かスイッチを入れなければ」との意図があったといい、その上で反響について「それ(風貌)が一人歩きしてしまって、これはどうなのかなと思っていますが」とやや困惑していた[18]。2019年の監督再就任に際しては「(2018年)当時は誰も僕のことを知らなかったので」「今は(オールバックの『組長』スタイルをやっても)選手に鼻で笑われるだけ」と、「組長」スタイルの封印を示唆している[19]

選手経歴編集

指導者経歴編集

監督成績編集

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 Jリーグ杯 天皇杯
2018 J1 浦和 9位 4 10 3 1 0 - -

※在任期間での成績

脚注編集

  1. ^ a b レッズ監督、あまりの強面から「アウトレイジ」「総会屋」と人気”. BuzzFeed (2018年4月16日). 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ a b J1仙台退任コーチ 大槻氏は浦和へ イ・チャンヨブ氏は韓国”. 河北新報 (2012年1月19日). 2012年3月10日閲覧。
  3. ^ “2013シーズンの育成部門の体制” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2013年1月19日), http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/2013シーズンの育成部門の体制/ 2018年4月4日閲覧。 
  4. ^ “大槻 毅 育成ダイレクターのトップチーム監督就任について” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2018年4月2日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/大槻-毅-育成ダイレクターのトップチーム監督就任/ 2018年4月2日閲覧。 
  5. ^ a b 原山裕平 (2018年4月17日). “浦和レッズ「顔が怖い暫定監督」で3連勝。新監督に引き継ぐのは得策か”. Sportiva. 集英社. 2018年4月19日閲覧。
  6. ^ オズワルド-オリヴェイラ監督就任について “オズワルド オリヴェイラ監督就任について” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2018年4月19日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/ オズワルド-オリヴェイラ監督就任について 2018年4月19日閲覧。 
  7. ^ a b 組長大槻監督が短期間で浦和再建「名言聞いた」槙野” (2018年4月21日). 2018年4月22日閲覧。
  8. ^ “トップチーム、育成の体制について” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2018年4月22日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/トップチーム、育成の体制について/ 2018年4月23日閲覧。 
  9. ^ “オズワルド オリヴェイラ監督 就任会見” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2018年4月22日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/オズワルド-オリヴェイラ監督-就任会見/ 2018年4月23日閲覧。 
  10. ^ “ファン・サポーターのみなさまへ” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2019年3月8日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/ファン・サポーターのみなさまへ 2019年3月9日閲覧。 
  11. ^ “【浦和】“アウトレイジ”大槻ヘッドコーチが海外担当の新プロジェクト責任者に抜てき”. スポーツ報知. (2019年3月8日). https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20190308-OHT1T50182.html 2019年3月9日閲覧。 
  12. ^ 木下淳 (2019年5月29日). “一度外した大槻氏に頭下げる 浦和監督交代の裏側”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905290000052.html 2019年6月14日閲覧。 
  13. ^ “大槻 毅 氏のトップチーム監督就任について” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2019年5月28日), http://www.urawa-reds.co.jp/topteamtopics/大槻-毅-氏のトップチーム監督就任について/ 2019年5月28日閲覧。 
  14. ^ 飯尾篤史 (2018年4月19日). “型破りなモチベーター。浦和の危機を救った大槻監督の言葉の裏に隠された気概”. GOAL. 2018年4月19日閲覧。
  15. ^ a b “居残り練習に付き合って、膝が壊れるまでボールを蹴ったコーチ時代 浦和・大槻毅監督の素顔”. スポーツ報知. (2018年4月5日). http://www.hochi.co.jp/soccer/column/20180405-OHT1T50333.html 2018年4月19日閲覧。 
  16. ^ “「〜アウトレイジ最終章〜」浦和DF槙野が大槻監督のラストマッチに意気込み”. ゲキサカ. (2018年4月21日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?242764-242764-fl 2018年4月21日閲覧。 
  17. ^ 槙野智章Instagram” (2018年4月20日). 2019年7月13日閲覧。
  18. ^ “浦和を危機から救った大槻監督、“強面”采配の真意 「何かスイッチを入れたかった」”. Football ZONE web. (2018年4月21日). http://www.football-zone.net/archives/99333 2018年4月21日閲覧。 
  19. ^ “浦和大槻監督「組長封印」でリーグとACL2冠宣言”. 日刊スポーツ. (2019年5月29日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905290000798.html 2019年5月30日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集