メインメニューを開く

有限会社大樹ファーム(たいきファーム、Taiki Farm)は、日本中央競馬会馬主登録をしているクラブ法人であるとともに競走馬サラブレッド)の生産牧場である。 愛馬会法人「株式会社大樹レーシングクラブ」より匿名組合契約に基づく競走馬現物出資を受けて、中央競馬などの競走に出走させている。

代表者編集

荻野豊(ビクトリーホースランチ代表)

歴史編集

1990年、牧場を開設する[1]

1997年タイキシャーロックマイルチャンピオンシップ南部杯を制し、生産馬が重賞及びGI初勝利を挙げる[1]

2002年5月、静内に大樹ファーム分場を開場。

本場以外の施設編集

  • 大樹トレーニングセンター
  • Taiki Farm(アメリカ、アイルランド)

服色編集

緑、白星散、袖白縦縞

競走馬冠名編集

「タイキ」と「アン」の冠名を使用している。いずれも馬名の頭部に付けている。

主な所有馬編集

主な生産馬編集

主な繋養繁殖牝馬編集

過去の繋養馬

大樹レーシングクラブ(愛馬会法人)編集

代表者は荻野史子

関連項目編集

出典・脚注編集

  1. ^ a b 『優駿』1997年12月号、日本中央競馬会、151頁

外部リンク編集