メインメニューを開く

大橋 一郎(おおはし いちろう、1925年1月1日 - )は、京都府出身の元プロ野球選手

大橋 一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1925-01-01) 1925年1月1日
身長
体重
167[1] cm
66[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手二塁手
プロ入り 1942年
初出場 1942年10月4日
最終出場 1946年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

京都商業学校(現・京都学園中学校・高等学校)在学中は、甲子園に3度出場(春1回〈1940年〉、夏2回〈1939年1940年〉)。このうち1940年春の大会では、二塁手のレギュラーとしてチームの準優勝に貢献した[2]。京都商業時代のチームメイトに神田武夫投手。のち南海)、徳網茂捕手。のち大阪)がいた[2]

戦局の悪化に伴って高校野球大会が中止した事により、1942年に京都商業を中退して朝日軍に入団した。10月4日大洋戦(甲子園球場)で初登板を果たすも、1アウトしか取れずに3四球を与えて降板。翌1943年は出場機会が無かったが、1944年には主力が戦争に駆り出されてチームの人数が少なくなった事により、代打要員として活躍した。終戦後の1946年グレートリングに移籍するも、殆ど出番はなくこの年限りで現役引退した。投手登録だったが、二塁手や代打として出場の方が多かった。またグレートリング時代は背番号19を着用していたが、これは志半ばで肺結核により死去した神田の遺志を継いだ物である。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1942 朝日 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 5 0.1 0 0 3 -- 0 0 0 0 2 0 0.00 9.00
1944 6 5 1 0 0 0 3 -- -- .000 114 24.0 12 0 25 -- 2 4 1 0 12 11 4.13 1.54
1946 グレートリング 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 1 0 0 -- 0 0 0 0 0 0 0.00 0.50
通算:3年 8 5 1 0 0 0 3 -- -- .000 127 26.1 13 0 28 -- 2 4 1 0 14 11 3.76 1.56

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1942 朝日 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 1 -- .000 .500 .000 .500
1944 16 33 29 4 8 0 0 0 8 0 1 0 0 -- 4 -- 0 7 -- .276 .364 .276 .640
1946 グレートリング 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 1 -- 0 0 -- ---- 1.000 ---- ----
通算:3年 21 36 30 4 8 0 0 0 8 0 1 0 0 -- 6 -- 0 8 -- .267 .389 .267 .656

背番号編集

  • 25 (1942年 - 1943年)
  • 19 (1946年)
  • 1944年は全球団で背番号廃止された。

脚注編集

関連項目編集