メインメニューを開く

大橋 和彦(おおはし かずひこ、1963年 - )は日本経済学者。専門は金融論。一橋大学大学院経営管理研究科教授。日本ファイナンス学会会長、日本銀行金融研究所顧問、不動産証券化協会フェロー日本証券クリアリング機構取締役等を歴任。

目次

人物・経歴編集

1986年一橋大学経済学部卒業[1]。1988年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了[1]経済学修士[2]。指導教官は山崎昭[3]。1993年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院博士課程修了[1]経営学博士Ph.D.(Finance))[1]

1993年マギル大学経営大学院客員研究員[1]。1994年スタンフォード大学経営大学院客員研究員[1]筑波大学社会工学系講師[1]。1996年一橋大学商学部専任講師[1]。1998年同助教授[1]。1999年シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス客員研究員[1]、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授[1]。2007年同教授[1]

2008年日本ファイナンス学会会長[1]。2010年日本銀行金融研究所客員研究員[1]、アジアファイナンス学会理事[4]。2011年不動産証券化協会フェロー[1]。2014年日本ファイナンス学会会長[1]。2015年日本証券クリアリング機構取締役[5]。2016年日本銀行金融研究所顧問[1]

2015年、論文"The Relative Asset Pricing Model: Toward a Unified Theory of Asset Pricing"でInvestment Management Consultants Association(IMCA)Edward D. Baker III Journal Award Honorable Distinctionを受賞[1]

著作編集

著書編集

訳書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「大橋 和彦」一橋大学大学院国際企業戦略研究科
  2. ^ 「大橋 和彦」幻冬舎富裕層向け資産防衛メディア
  3. ^ 「1987年度博士課程単位修得論文・修士論文題目」一橋研究
  4. ^ 「大橋 和彦(オオハシ カズヒコ)」一橋大学
  5. ^ 「大橋 和彦」独立行政法人経済産業研究所

外部リンク編集