メインメニューを開く

大橋 正昭(おおはし まさあき、1932年6月 - )は、日本実業家愛知製鋼代表取締役社長や、学校法人名城大学理事長などを務めた。

人物・経歴編集

愛知県出身。東北大学大学院工学研究科修士課程修了後、1957年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社[1]労働組合書記長[2]取締役常務取締役、専務取締役を経て、1992年愛知製鋼取締役副社長。愛知製鋼で取締役社長や、取締役会長相談役を歴任した[1]

1997年中部実業団陸上競技連盟会長[3]。2002年勲三等瑞宝章受章。2005年から学校法人名城大学理事長を務め、経営問題検討会の設置などを行った。2006年愛知製鋼顧問豊田理化学研究所評議員[1]、特定非営利活動法人ささえあい副理事長なども務めた[4]

脚注編集

  1. ^ a b c 企業人から見た大学経営 因習を打破し、改善と発展を(学校法人名城大学 理事長 大橋正昭)学生情報センター
  2. ^ 労使関係歴代三役・組合員数の推移トヨタ自動車
  3. ^ 当団体について中部実業団陸上競技連盟
  4. ^ 法人概要”. 特定非営利活動法人ささえあい. 2018年9月21日閲覧。


先代:
N/A
愛知製鋼社長
199X年 - 2000年
次代:
柴田雄次
先代:
岩野朝男
中部実業団陸上競技連盟会長
1997年 - 2000年
次代:
岡部弘
先代:
岩崎正視
名城大学理事長
第14代:2005年 - 2012年
次代:
小笠原日出男