メインメニューを開く

概要編集

島根県仁多郡三成町出身[1]。島根士族大橋只三郎の養子である常三郎の長男[2]

内務省に入り岡山県警察部長のあと終戦直後の戦災復興院次長となる[3]1949年(昭和24年)の衆議院選挙(島根県全県区)に初出馬当選、1976年(昭和51年)の総選挙で落選、引退するまで連続10回当選[3]。この間第3次吉田内閣法務総裁、国務大臣(警察予備隊担当)など就任[3]

第2次池田内閣労働大臣第1次佐藤内閣運輸大臣を歴任する[3]濱口雄幸内閣総理大臣は義父。子息に元大蔵省関税局長大橋宗夫、元昭和電工社長大橋光夫がいる。

経歴編集

大日本帝国陸軍少将大橋常三郎の長男として、父親の任地である京都府舞鶴に生まれる。東京府立一中第一高等学校を経て、1928年東京帝国大学法学部を首席で卒業。高等文官試験にもトップ合格し、内務省に入省する。

厚生省労働局賃金課長、内務省土木局計画課長、戦災復興院計画局長、同次長を経て、1949年第24回衆議院議員総選挙民主自由党から島根県全県区にて立候補し当選を果たす(当選同期に池田勇人佐藤栄作前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後当選10回。翌1950年第3次吉田第1次改造内閣法務総裁に抜擢され、国家公務員レッドパージを指揮した。1951年には、警察予備隊担当大臣となり、同隊の育成に努めた。

保守合同後は池田派佐藤派福田派に所属。1962年第2次池田第2次改造内閣労働大臣1966年第1次佐藤第3次改造内閣では運輸大臣を歴任する。1976年の総選挙で落選し、政界から引退した。

1975年勲一等旭日大綬章受章。1981年10月3日死去。享年76。没後、叙・正三位

人物像編集

カミソリの異名を取るほどの切れ者で仕事に厳しく、部下には容赦なく辛辣な叱責を浴びせ恐れられたが、労相時代は新聞配達少年たちのために「日曜夕刊廃止」を実現に導くなど、きめ細やかな人情味をうかがわせる一面もあった。[要出典]

宗教日蓮宗[2]趣味[2]

家族・親族編集

大橋家編集

島根県仁多郡三成町[1](のち仁多町、現奥出雲町)、東京都世田谷区上馬町[2]
明治41年(1908年)4月生[2] - 没
昭和9年(1934年)2月生[2] - 平成27年(2015年)12月23日
同妻(元昭和電工会長安西正夫長女[4]
昭和11年(1936年)1月生[2] -
同妻(元富士銀行頭取岩佐凱実長女[4]

親戚編集

その他編集

参考文献編集

  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 159、161頁

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『新日本人物大観』(島根県版) 人事調査通信社 1957年 オ…497頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)お一三六
  3. ^ a b c d 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』119頁
  4. ^ a b c 神一行 著『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』339頁
  5. ^ 尾瀬あきらぼくの村の話 2巻』講談社東京都、1993年、19頁。ISBN 978-4-06-328313-6。「第11話 運輸大臣」


公職
先代:
藤枝泉介
  運輸大臣
第36-37代:1966年 - 1967年
次代:
中曽根康弘
先代:
福永健司
  労働大臣
第20-21代:1962年 - 1964年
次代:
石田博英
先代:
殖田俊吉
  法務総裁
第5代:1950年 - 1951年
次代:
木村篤太郎