メインメニューを開く

大橋 節夫(おおはし せつお、1925年2月2日 - 2006年6月7日)は、日本ハワイアン音楽の草分けといわれた歌手スティール・ギター奏者。

大橋 節夫
生誕 (1925-02-02) 1925年2月2日
出身地 東京都
死没 (2006-06-07) 2006年6月7日(81歳没)
ジャンル ハワイアンムード歌謡
職業 歌手演奏家作詞家作曲家編曲家
担当楽器 ウクレレスティール・ギター

目次

人物編集

東京都出身。ニックネームは「オッパチさん」(オッパッツさん)。

後に石原裕次郎五木ひろしがカバーした「倖せはここに」などがヒットし、日本にハワイアンブームをもたらした。加山雄三のヒット曲「お嫁においで」の編曲、演奏を手がけたことでも知られる。

12歳からウクレレを始めたが、間もなくスチールギターに転向。

1941年にセブンスターズ・ハワイアンを結成[1]。1943年に海軍予備員となり、翌年に洲ノ崎派遣隊隊長として出征。復員後の1946年にセブンスターズ・ハワイアンを再結成[1]

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後の1948年「大橋節夫とハニーアイランダース」を結成。

1975年にハニーアイランダースを解散してソロ歌手に転向する[1]

1995年勲四等瑞宝章受章。2000年第42回日本レコード大賞功労賞受賞。

2006年6月7日呼吸不全のため東京都大田区の病院で死去[2]。81歳没。

作品編集

大橋節夫とハニーアイランダース名義編集

シングル編集

  • 小さな竹の橋で ON A LITTLE BAMBOO BRIDGE/南国の夜 ON A TROPIC NIGHT(コロムビアレコード、LL-3716)
  • 南国の夜 ON A TROPIC NIGHT/小さな竹の橋で ON A LITTLE BAMBOO BRIDGE(コロムビアレコード、SAS-413)
  • あきらめてはいるけど/淋しいギターひき(コロムビアレコード、SAS-)
  • ハワイアン・マーチ/鐘はなる(コロムビアレコード、SA-84)
  • 東京ワルツ/青春日記(コロムビアレコード、SA-803)
  • 倖せはここに/口笛吹いて(東芝レコード、TP-1182)
  • あの星はママの星/夢の人(東芝レコード、TP-1267)
  • なぎさ/赤いレイ(東芝レコード、TP-1483)
  • 君を待つ夜 夕映えの彼方に(1968年、東芝レコード、TP-2032)

大橋節夫名義編集

シングル編集

  • シバラク/グッバイホノルル(1976年、キングレコード、NCS-1323)- 伴奏・コーラス:今井 久とパープル・シャドウズ
  • 赤いレイ/赤い貝がら(1982年、Discomate、DSK-206)
  • ズボンの折目/涙は見せないで(RCA、JRT-)

アルバム編集

  • HAWAIIAN(YD25-0007)
  • ロンサム・ビーチ・ボーイ(1982年、Discomate、DSK-4002)

脚註編集

外部リンク編集