メインメニューを開く

大江 佐房(おおえ の すけふさ)は鎌倉時代武将鎌倉幕府御家人。鎌倉幕府京都守護大江親広の長男。鎌倉幕府政所初代別当大江広元の孫。

 
大江佐房
時代 鎌倉時代
生誕 不詳
死没 不詳
改名 法名:通阿宥寿
別名 上田佐房
官位 正五位下、左近将監、尾張
幕府 鎌倉幕府
主君 北条義時北条泰時北条経時北条時頼
氏族 大江氏
父母 父:大江親広
母:
兄弟 佐房、高元、大江広時、佐広
佐々木氏信の娘
佐泰、佐時、長広、佐広
特記
事項
上田氏

目次

生涯編集

承久3年(1221年承久の乱で父親広が後鳥羽上皇側に付くと祖父大江広元と共に鎌倉幕府側に付く。東海道方面軍に加わり6月6日北条時氏北条有時に従い摩免戸の渡し岐阜県各務原市木曽川)を渡る。上皇方は矢も射ずに敗走し、鎌倉方伊佐行政[1]山田重忠を破り、佐房は独り踏みとどまった鏡久綱と戦いこれを討ち取った。

6月8日、摩免戸で敗れた足利秀康筑後有長らが京都へ着き、御所中騒然となった為、仲恭天皇らは比叡山へ避難した。9日、北条義時が殺害されたという噂が流れ、翌10日天皇らは京都へ戻った。12日、父大江親広が上皇側として2,000騎を率いて出陣、食渡(岐阜県羽島郡岐南町)に布陣した。しかし、14日宇治川合戦で上皇軍が大敗したという報を受け、兵を残して逐電した。

戦後は信濃国上田荘を与えられ幕府中枢で要職に就く。承久四年(1222年)正月垸飯で御剣を奉じる[2]貞應2年(1223年)7月北条政子の新邸引越しに脇侍し9月、三寅(藤原頼経)の一条実雅邸訪問に従うなど、将軍および北条氏に側近として仕える。翌1224年伊賀氏の変が起こり、その後左近将監(7月)、左近大夫将監(12月)となる。嘉禄元年(1225年)5月、鶴岡八幡宮で1,200人が納経する僧供養を取り仕切る。12月、将軍頼経の引越しでは諸大夫筆頭となる。

寛喜2年(1230年)将軍頼経の内々に行われた竹御所との結婚の儀に供奉する[3]。将軍および正室竹御所にそば近く仕えたが[4]、文暦4年(1234年)竹御所が死去した。

宝治元年(1247年)嫡男佐泰を失う。宝治2年(1248年)の記事を最後に中央の史料から姿を消す。上田氏の祖となるが上田氏は弘安8年11月17日(1285年12月14日)の霜月騒動で没落した。

系図編集

「安中坊系譜」[5]

政所別当
大江広元
 
遠江守
親広
 
尾張守・左近将監
佐房
 
佐泰[6]
(又太郎)
 
兵庫介広真
 
泰広[7]
(又八郎/宗阿)
 
盛広[8]
(孫太郎)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木氏信
の娘[9]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰元[10]
(熊鶴丸)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐々木広宗[11]
 
佐々木宗清(道観)[12]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾張守
佐時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長広[13]
(孫二郎)
 
佐長[14]
(孫三郎)
 
光佐
(孫三郎)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐広
(少輔六郎)
 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 常陸入道念西
  2. ^ この時蒲判官代
  3. ^ 『吾妻鏡』寛喜2年12月9日条
  4. ^ 『吾妻鏡』
  5. ^ 『寒河江市史 大江氏並びに関連史料』p.93
  6. ^ 宝治元年(1247年)早世。
  7. ^ 北条時宗の死去により出家、霜月騒動で安達氏に与し討死。42歳。
  8. ^ 霜月騒動の時15歳で自害。
  9. ^ 『群書系図部集 3, 第 2 巻』p.298 佐々木系図。
  10. ^ 霜月騒動の時10歳で自害。
  11. ^ 佐々木氏信の養子となり佐々木少輔弥二郎を名乗った。
  12. ^ 霜月騒動で討死
  13. ^ 信濃国井上入道の婿となる。
  14. ^ 信濃国井上に住んだ。

参考文献編集

  • 寒河江市史編さん委員会『寒河江市史 大江氏並びに関連史料』、2001
  • 群書類従完成会『群書系図部集 3, 第 2 巻』

関連項目編集