大江宏

大江宏(おおえ ひろし、1913年大正2年)6月14日 - 1989年平成元年)3月3日)は、日本建築家秋田県秋田市生まれ。モダニズムと日本の伝統様式の高次元な融合を図った建築意匠で知られる。また、教育者として法政大学建築学科の礎を築き、多くの後進を育成した。主な作品に法政大学、丸亀武道館、普連土学園国立能楽堂など。日本芸術院会員。勲三等旭日中綬章叙勲。父の大江新太郎明治神宮造営技師を務め、日光東照宮の修理、および明治神宮宝物殿、神田明神の設計を手がけた建築家。長男の大江新は建築家・法政大学名誉教授

おおえ ひろし
大江 宏
生誕 1913年(大正2年)6月14日
秋田県秋田市
死没 (1989-03-03) 1989年3月3日(75歳没)
東京都中央区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1958年)
日本芸術院賞(1981年)
勲三等旭日中綬章(1985年)
日本建築学会賞大賞(1988年)
所属 大江宏建築事務所
建築物 法政大学55年館・58号館
香川県立丸亀高等学校武道館
国立能楽堂

目次

経歴編集

  • 1913年(大正2年) 父・大江新太郎、母規矩児(菊路)の長男として、秋田市にて生まれる。生後間もなく父の赴任地、日光山内安養院に戻る。
  • 1916年(大正5年) 大江新太郎は、日光東照宮修理事業に主任技師として関わる。東京赤坂台に転居。さらに小石川原町に転居。
  • 1918年(大正7年) 東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)付属幼稚園に入園。
  • 1920年(大正9年) 成蹊小学校入学。
  • 1925年(大正14年) 成蹊小学校卒業。成蹊高等学校尋常科へ進学。
  • 1930年(昭和5年) 成蹊高等学校高等科へ進学。
  • 1934年(昭和9年) 成蹊高等学校卒業。東京帝国大学を受験するも不合格。
  • 1935年(昭和10年) 東京帝国大学工学部建築学科入学。同級生に、丹下健三浜口隆一、一級上には、薬師寺厚立原道造入江雄太郎(留年し卒業は同期)らがいた。6月、父・新太郎死去。
  • 1938年(昭和13年) 東京帝国大学卒業。卒業論文「建築平面」、卒業設計「工作文化研究所」。丹下健三、浜口隆一とともに辰野賞銅賞を受賞。卒業後半年ほど浪人し、その後文部省宗教局保存課に勤務。内閣紀元二六〇〇年祝典事務局嘱託として、歴史博物館計画を担当。あわせて神武天皇聖跡調査を命じられる。
  • 1941年(昭和16年) 文部省を辞し、三菱地所建築部入所。工場、寮のほか、朝鮮平壌市「三菱製鋼迎賓館」を設計。10月6日、山羽まりと結婚。
  • 1942年(昭和17年) 東京・世田谷の自邸をコロニアル風に設計(戦時下の十五坪制限住宅)。
  • 1946年(昭和21年) 三菱地所退社。弟の透・修とともに大江建築事務所設立。
  • 1948年(昭和23年) 法政工業専門学校建設科教授に就任。大学時の師・平山嵩の口添えで建設科(建築+土木)の創設メンバーに加わる。大江建築事務所を大江宏研究室と改称。
  • 1950年(昭和25年) 法政大学工学部建設工学科誕生。助教授に就任。
  • 1952年(昭和27年) 法政大学市ヶ谷キャンパス計画着手。
  • 1953年(昭和28年) 教授に昇格。
  • 1954年(昭和29年) 3月、サンパウロ市400年記念日本館(設計:堀口捨己)の監理とヴェネツィア・ビエンナーレ日本館敷地選定のため海外出張。あわせて北南米、ヨーロッパ14ヵ国を約半年間にわたって旅行。丹下健三吉阪隆正らと共に「例の会」を発足。
  • 1958年(昭和33年) 日本建築学会理事、『建築雑誌』編集委員長(1957年3月号~59年2月号)。
  • 1959年(昭和34年) 日本建築家協会理事、企画委員長。日本建築学会賞選考委員。「法政大学校舎」において、文部大臣芸術選奨および日本建築学会賞作品賞受賞。
  • 1960年(昭和35年) メキシコ建築家協会名誉会員。「法政大学校舎」により建築業協会賞受賞。
  • 1962年(昭和37年) 博士論文「大学の成立と発展 大学の計画を導く理念の探究」により東京大学より工学博士学位を受く。大江宏研究室を大江宏建築事務所に改称。目白に事務所を置く(1968年原宿に移転、1969年有楽町に移転)。
  • 1965年(昭和40年) 法政大学海外留学制度により、地中海圏諸地域および中近東諸国を旅行。
  • 1970年(昭和45年) 法政大学工学部長。
  • 1973年(昭和48年) 日本建築家協会会長就任(1976年まで)。
  • 1974年(昭和49年) 「丸亀武道館」により毎日芸術賞受賞。
  • 1981年(昭和56年) 「丸亀武道館他一連の作品」により日本芸術院賞受賞[1]。母・規矩児死去。
  • 1984年(昭和59年) 法政大学を定年退職。名誉教授となる。
  • 1985年(昭和60年) 日本芸術院会員。勲三等旭日中綬章叙勲。国立能楽堂により建築業協会賞受賞。
  • 1988年(昭和63年) 「建築設計・建築論・建築教育における一連の業績」により日本建築学会賞大賞を受賞。
  • 1989年(平成元年) 聖路加国際病院にて逝去。享年75。「追悼 大江宏展」がギャラリー・間で開催。
  • 2013年(平成25年) 11月、生誕百年記念事業「大江宏・考」特別講演会(講師:磯崎新中川武)およびアーカイヴ展が法政大学にて開催された。

作品編集

 
香川県立丸亀高等学校武道館
 
角館樺細工伝承館
 
法政大学55年館
 
法政大学58年館
名称 所在地 状態 備考
おおくしてい/大串邸 1938年 13東京都練馬区
おさきかくとう/尾崎咢堂 1939年 14神奈川県逗子市 現存せず
やまとちゆうくうし/大和中宮寺厨子 1940年 29奈良県斑鳩町
とうようえいわしよかくいんしようかく/東洋英和女学院小学部 1954年 13東京都港区
ほうせいたいかくこしゆうこ/法政大学55年館 1955年 13東京都千代田区 現存せず
みきひる/三木ビル 1957年 13東京都中央区 現存せず
ほうせいたいかくこしゆうはち/法政大学58年館 1958年 13東京都千代田区 現存せず
はいしやくのうかく/梅若能楽学院 1960年 13東京都中野区
ほうせいたいかくろく/法政大学62年館 1962年 13東京都新宿区
のきしんしや/乃木神社 1962年 13東京都港区
おいわけのさんそう/追分の山荘 1962年 20長野県軽井沢町
さいにちめきしこ/在日メキシコ大使館 1963年 13東京都千代田区
たいにみきひる/第二三木ビル 1964年 13東京都中央区
かかわけんふんかかいかん/香川県文化会館 1965年 37香川県高松市
さんきいんふくきちよう/参議院副議長公邸 1965年 13東京都品川区
おわせしたいいく/尾鷲市体育文化会館 1967年 24三重県尾鷲市
ふれんとかくえん/普連土学園 1968年 13東京都港区
まりあんはうす/マリアン・ハウス 1968年 13東京都調布市
たかせ/乃木会館 1968年 13東京都港区
くそはちそういん/九十八叟院 1969年 13東京都小平市 現・平櫛田中彫刻美術館
にほんはんこくはくらんかい/日本万国博覧会・日本館 1970年 27大阪府吹田市 現存せず
うおなはかせそうおおい/ウォーナー博士像覆堂 1971年 08茨城県北茨城市
とうきようさぬきかいかん/東京讃岐会館 1972年 13東京都港区 現・東京さぬき倶楽部
たなかちよかくえん/東京田中短期大学 1972年 13東京都町田市
かかわけんりつまるかめこうとう/香川県立丸亀高等学校武道館 1973年 37香川県丸亀市
きんさのうかくとう/銀座能楽堂 1973年 13東京都中央区
いはらきけんこうかん/茨城県公館・知事公舎 1974年 08茨城県水戸市
いせしんくうないくかくら/伊勢神宮内宮神楽殿 1978年 24三重県伊勢市
かくのたて/角館町伝承館 1978年 05秋田県仙北市 現・角館樺細工伝承館
たいこし/醍醐寺宝聚院収蔵庫 1979年 26京都市伏見区
いそのかみしんくう/石上神宮社務所・鎮魂殿・神庫 1979年 29奈良県天理市
こくりつのうかくとう/国立能楽堂 1983年 13東京都渋谷区
うさしんくうけんさん/宇佐神宮研鑚殿・宝物殿・収蔵庫 1985年 44大分県宇佐市
おおほりこうえんのうかく/大濠公園能楽堂 1986年 40福岡市中央区
とやまけんにゆうせん/富山県入善町民会館 1986年 16富山県入善町
かくのたてちよう/角館町平福記念館 1988年 05秋田県仙北市 現・仙北市立角館町平福記念美術館
たかやまやたい/高山屋台会館 1988年 21岐阜県高山市
さんけいきねんかん/三渓記念館 1989年 14神奈川県横浜市
おおつかふんこ/大塚文庫 1989年 13東京都目黒区

著書編集

  • 「建築作法―混在併存の思想から」大江宏(思潮社)1989/08 ISBN 478371519X
  • 「建築と気配―大江宏対談集」大江宏(思潮社)1989/08 ISBN 4783715181
  • 「世界建築設計図集7 国立能楽堂」大江宏(同朋舎出版)1984 ISBN 4810410277

脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1981年3月4日(東京本社発行)朝刊、22頁。

参考文献編集

  • 大江宏 著・大江宏の会 編『大江宏=歴史意匠論 ―法政大学大江宏教授退任記念論集』大江宏の会,1984年。
  • 大江宏生誕百年記念事業企画委員会+大江宏研究会 編『大江宏・考』,法政大学デザイン工学部建築学科,2013年。