メインメニューを開く

大江 文子(おおえ ふみこ、本名:木村しゅう[1]1900年明治33年2月20日[2] - 没年不明)は元宝塚少女歌劇団男役&娘役主演スター宝塚歌劇団1期生。同期生に雲井浪子小倉みゆき高峰妙子由良道子らがいる。大阪府大阪市出身[1][2]。宝塚少女歌劇団在団中は舞踊家の名手であった[2]
この芸名は小倉百人一首の第60番:小式部内侍の『大江山 生野の道の 遠ければ 未だ踏みも見ず 天橋立 (おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて)』から命名された。

略歴編集

1913年7月、宝塚唱歌隊(同年12月に宝塚少女歌劇養成会に改称。現・宝塚音楽学校)に13歳で入隊。

1921年1月、宝塚少女歌劇団を20歳で退団。

宝塚少女歌劇団時代の主な舞台出演編集

  • 『ドンブラコ』(1914年4月1日 - 5月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『三人獵師』(1915年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『櫻大名』(1916年3月19日 - 5月21日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 松風村雨』(1916年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『爲朝』『藤あやめ』(1917年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『女曾我』(1917年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『コサツクの出陣』(1917年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『石童丸』(1918年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『羅浮仙』(1918年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『七夕踊』(1918年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『靑葉の笛』(1918年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『鷽替』(1919年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『千手の前』『文殊と獅子』(1919年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『膝栗毛』『風流延年舞』(1919年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『瘤取物語』『涅槃猫』(1919年10月20日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『西遊記』(1920年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『金平めがね』(1920年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『コロンブスの遠征』(1920年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『小野小町』(1920年10月20日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『雀のお宿』『岩戶開』(1921年1月1日 - 1月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本歌劇俳優写真名鑑』藤山宗利著、歌舞雑誌社、1920年、P136
  2. ^ a b c 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P95,107