メインメニューを開く

大江 斉光(おおえ の ただみつ/なりみつ)は、平安時代中期の公卿中納言大江維時の次男。官位正三位参議

 
大江斉光
時代 平安時代中期
生誕 承平4年(934年
死没 永延元年11月6日987年11月29日))[1]
官位 正三位参議
主君 村上天皇冷泉天皇円融天皇花山天皇
氏族 大江氏
父母 父:大江維時、母:藤原遠忠娘
兄弟 重光、斉光、皎子
桜嶋忠信娘
為基寂照、成基、道基、尊基
テンプレートを表示

経歴編集

紀伝道に進み、文章得業生から対策に及第、958年天徳2年)式部少丞に任官される。天徳5年(961年)摂津守、安和2年(969年)美濃権守。憲平親王(のち冷泉天皇)の東宮学士を務め、大学頭を経て天元2年(979年)式部大輔に至った。

官人としても能吏であり、地方官の傍らで弁官を歴任。貞元2年(977年蔵人頭、翌天元元年(978年)右大弁、天元4年(981年)には参議に任ぜられ公卿に列した。天元5年(982年従三位寛和2年(986年)正三位。

系譜編集

  • 父:大江維時
  • 母:藤原遠忠の娘
  • 妻:桜島忠信の娘
  • 生母不明の子女
    • 男子:寂照(962-1034) - 大江定基、山村氏祖
    • 男子:大江成基
    • 男子:大江道基
    • 男子:大江尊基

脚注編集

  1. ^ 没日は『公卿補任』による。『北小路家譜』では永延元年11月7日。