メインメニューを開く

大江 為基(おおえ の ためもと)は、平安時代中期の貴族歌人大江斉光の次男(一説には長男)。官位従五位下図書権頭

 
大江為基
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 為基→寂定(法号)
官位 従五位下図書権頭
氏族 大江氏
父母 父:大江斉光、母:桜嶋忠信娘
兄弟 為基寂照、成基、道基、尊基
高階成忠
テンプレートを表示

経歴編集

文章博士や三河守を経て従五位下摂津守になるも、病のために図書権頭に遷される。更に妻の死をきっかけに出家して浄土信仰の道に進んだ。『続本朝往生伝』には、死んだ後に一度は蘇生したが、死後に極楽往生できるものの、最下層の「下品下生」に留まることを知って無念の気持ちを表したと伝えている。『拾遺和歌集』など、勅撰和歌集に6首採録されている。また、結婚以前は赤染衛門と恋愛関係にあったとされ、『赤染衛門集』に為基の歌が多数採録されている。

系譜編集

参考文献編集