メインメニューを開く

大江 茂信(おおえ の しげのぶ)は、南北朝時代武将漆川の戦いにおける南朝方大将。出羽国溝延城主。

 
大江茂信
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 正平23年/応安元年(1368年
別名 時信、溝延茂信
戒名 慶位
墓所 山形県西村山郡西川町の吉川阿弥陀堂
官位 従五位上式部少輔式部丞?
主君 後村上天皇
氏族 大江氏親広溝延氏
父母 父:大江時茂
兄弟 茂信、修理亮某、左沢元時寒河江時氏
家広白岩政広
養子:寒河江時氏(実弟)

生涯編集

 
漆川古戦場碑

大江時茂の子として誕生。

正平14年/延文4年(1359年)、祖父・大江元政斯波兼頼との戦闘に敗れて没すると、跡を継いだ父・時茂は一族の子弟を寒河江荘内各地に配置し防御を固める戦略に出た。嫡男・茂信を溝延城、次男・左沢元時左沢楯山城、茂信の子・政広白岩城に配置し、さらに寒河江・柴橋・小泉・高屋・荻袋・見附にも楯を築いた。

正平23年/応安元年(1368年)、漆川の戦いが勃発すると、茂信は総大将として斯波兼頼・大崎直持の軍と戦うが一族61名が自害する大敗を喫する。この時、茂信自身も一族と共に自害した。

子孫からは寒河江大江氏庶流として、溝延氏白岩氏出羽吉川氏が派生した。

系譜編集

出典編集

  • 寒河江市史編纂委員長 阿部酉喜夫 『寒河江大江氏』、1988
  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 上巻』、1994
  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 大江氏ならびに関係史料』、2001