メインメニューを開く

大沢清輝

大沢 清輝(おおさわ きよてる、1917年3月27日 - 2005年12月21日)は、日本の天文学者萩原雄祐の門下生で[2]日本における観測天体物理学の開拓者の1人である[1]東京府(現・東京都)出身。

大沢 清輝
(おおさわ きよてる)
生誕 1917年3月27日
日本の旗 日本 東京府
死没 (2005-12-21) 2005年12月21日(88歳没)
日本の旗 日本
研究分野 天文学
研究機関 東京大学
シカゴ大学ヤーキス天文台
カリフォルニア大学リック天文台
プリンストン高等研究所
千葉大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 日本における観測天体物理学の開拓[1]
主な受賞歴 紫綬褒章1982年[1]
勲二等瑞宝章1988年[1]
プロジェクト:人物伝

目次

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『日食・微粒子日食』(恒星社厚生閣 天文學叢書2 1948年
  • 『天文台と観測器械・天体分光器(恒星社厚生閣 新天文学講座11 新版 1964年
  • 『天体の物理観測・天体光電測光』(恒星社厚生閣 新天文学講座14 新版 1964年)
  • 『恒星の世界・星のスペクトルと大気』(恒星社厚生閣 新天文学講座6 新版 1965年
  • 『天文学文献抄 第7冊』(東京天文台編 1973年)
  • 『天文学』(東京教学社 1974年1981年新版発行)
  • 『星の色』(地人書館 地人選書 1984年
  • 『宇宙と星の基礎知識・星にはどんな種類がありますか』(講談社 1989年

共著編集

  • 『新しい天文学』(宝文館 1952年
  • 『天文と気象』(東京教学社 1977年)

解説編集

  • 『パロマ天体写真集』(地人書館 1977年)

脚注・出典編集