メインメニューを開く

大沢 真一郎(おおさわ しんいちろう、1977年1月8日 - )は、日本の俳優東京都杉並区出身[1]明治大学文学部演劇学専攻卒業[1]SAIEI ENTERTAINMENT所属。かつてはモズプロジェクト[2]pyxis[3]に所属していた。

おおさわ しんいちろう
大沢 真一郎
大沢 真一郎
チネチッタでの舞台挨拶(2018年7月)
別名義 大澤 真一郎(旧芸名)
生年月日 (1977-01-08) 1977年1月8日(42歳)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画舞台
活動期間 2002年 -
事務所 SAIEI ENTERTAINMENT
主な作品
映画
ロスト・バイ・デッド
DIVIDE
カメラを止めるな!
テンプレートを表示

2017年途中までの活動名義は旧字体の大澤 真一郎(読み同じ)[6]

概要編集

  • 小学生の頃は『スター・ウォーズ』や『ダーティーハリー』などハリウッド大作を観て過ごす少年だった。
  • 中学生の頃に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』を観て映画監督を志望する。しかし、マイケル・J・フォックスなど俳優の演技を模範するようになり、映画俳優へ志望が変わっていくが、高校生の頃は学校の演劇部には属さなかった(舞台には興味がなかったらしい)。
  • 大学生時代、演技ができる部活といえば演劇部しかなく、クラスの友人に誘われて仕方がなく入部するが、写真のサークルにも入っていた。東京六大学写真展の委員長を務めていた。
  • 雑誌のオーディションで映画『ロスト・バイ・デッド』に応募し、500人の中から準主役(真矢役)に抜擢される。一般映画だと思って応募したら自主映画だったらしい。大澤のシーンは辻岡正人監督が撮影し、照明、助監督と4人で1年間撮っていたが、メインキャストの女の子の1人が、あと2日間で撮影終了という時に降板しまた初めから全部撮り直したらしく、最後まで波乱の連続だったらしい。撮影終了後2年間も音沙汰がなく諦めていたとき、配給会社と劇場公開が決まったとの知らせを受ける。2003年、スクリーンデビュー。
  • 2005年、映画『DIVIDE』(主演・翔/龍役 二重人格役)には当初出演予定はなく、現役女子高生を探してほしいと辻岡監督から要求されていた。経緯は不明だが突然主演に抜擢されたらしい。2006年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を皮切りに世界30ヶ国以上の海外映画祭で上映された。2006年度トロントリールハート国際映画祭・審査員特別大賞を受賞している。
  • ニューヨーク・タイムスの「世界で活躍する若手映画俳優100選」に明記されていた。大澤の上記出演作品は日本より欧米を中心とした諸外国人に人気があり、珍しく自主映画が海外でDVD化されており、海外での強い人気を示している。「DIVIDE」のゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品時、「パルプフィクション」のアマンダ・プラマーから電話がかかってきて、会場が大騒ぎになったらしい[要出典]
  • メインキャストとして出演した映画『カメラを止めるな!』のヒットにあやかり、2019年8月26日より新宿歌舞伎町バー「ONE CUT」をオープンしている[7]

出演編集

映画編集

劇場未公開作編集

  • プラットフォレスト(2003年、監督:大森研一
  • 君に人工呼吸するのはいつだって僕さ(2003年、キャメルフィルム、監督:吉行良介) ※監督の吉行良介の特別上映会でのみ公開
  • LAV.SYS(ラブ・システム)(2009年、監督:手塚眞)
  • Human's(2009年2月11日公開、監督:藤井道人/中川和博/久保龍介/山田久人/志真健太郎) - 主演・人貸し屋 J 役 ※ラフォーレミュージアム原宿で公開
  • 動画探偵ぐれいと・すぺしゃる2 ニコニコ心霊殺人(2011年8月15日公開、ニコニコ動画、監督:手塚眞) - 守 役 ※「夏だ!お盆だ!ニコファーレだ! 360°ホラー映画祭り 3本立て」で公開
  • 憂恋の花(2011年、監督:浦嶋嶺至) - ユージ 役 ※有料試写イベントでの公開
  • 電話の向こう側(2012年、監督:増田俊樹) - 主演
  • 東京ジェネレーター(2012年、監督:浦嶋嶺至) - 主演・高田相馬 役 ※イベント公開
  • NEW LITTEL STONE(2013年、監督:関口健仁)- ノッポ 役 ※新宿ロフトプラスワンで公開
  • ユルネバ〜キミはひとりじゃない〜(2015年2月7日公開、コラソンエンターテイメント、監督:植田朝日) ※東京国際フットボール映画祭で公開
  • オフステージ(2015年、監督:平沼豊) - 主演・杉原英輔 役
  • 生命の灯火(2015年、辻岡プロダクション、監督:辻岡正人)
  • 透子のセカイ(2019年予定、監督:曽根剛[12] ※第11回沖縄国際映画祭で地域発信型映画として公開

CM編集

ビデオシネマ編集

  • 湘南爆走族3 10オンスの絆(2002年、監督:神野太) - 不良生徒 足立 役
  • 外伝 麻雀放浪記(2002年、監督:服部光則
  • サポーターの女 ハットトリックされた夜(2004年、監督:神野太)
  • 姫 一人の少女の物語(2008年、監督:藤井道人) - 主演・新堂 役
  • DRASTIC(2009年、監督:辻岡正人) - ストーリーテラー 役
  • 御茶漬海苔の惨劇館(2010年、監督:御茶漬海苔) - 大学時代の菊の恋人 役(第参話「日記」)
  • 戦慄の果てに女は嗤う(2017年、監督:平沼豊) - (第四夜「美しい隣人」) ※監督補も務める

テレビドラマ編集

ウェブドラマ編集

テレビ番組編集

MV編集

舞台編集

  • 劇団コラソン第11回公演「もしドラ-コラソン版-」作:植田朝日
  • 劇団コラソン第17回公演「ユルネバ〜YOU'LL NEVER WALK ALONE.〜」作:植田朝日
  • 劇団コラソン第26回公演「モテなキ」作:植田朝日
  • 劇団コラソン第28回公演「ユルネバ2〜太陽とシスコムーン〜」作:植田朝日
  • 劇団コラソン第2回せんがわ劇場演劇コンクール「ユルネバ」作:植田朝日
  • 劇団コラソンpresents『コラソマニア2』「ユルネバ-ダービー前夜」作:植田朝日
  • Reset Limit第5回公演「ミラクル☆スカイ」作・演出:平康臣
  • Reset Limit第6回公演「artificial emotion!!」作・演出:平康臣
  • Reset Limit第7回公演「mixed blessing!」作・演出:平康臣
  • Reset Limit第9回公演「音霊戦隊 ディスクレンジャー」作・演出:平康臣
  • Reset Limit ルナティック演劇祭出品作品「RISING LOVE」作・演出:平康臣
  • コルバタ「足音を鳴らせ!」作・演出:友池さん
  • FUKUSHIMA DAY上映会 会話劇「俳優 桐谷和明のトリセツ」(2019年4月27日、CAPSULE)[14]
  • 殉血のサルコファガス(2019年5月15日 - 21日、新宿シアターモリエール)[15]

モデル編集

  • 白夜書房「シルバートライブ」(2007年)
  • 造型社「Harley MAGAZINE」(2009年)
  • 2015 ISETAN IRODORISAI 彩り祭 伊勢丹新宿店メンズ館 TOKYO FASHION NOMAD ウインドウディスプレイ(2015年)
  • メンズ 眉毛サロン Amon 六本木店(2017年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ウェブ配信後、ENBUゼミナール配給で2019年3月21日より劇場公開。

出典編集

  1. ^ a b 保科時彦 (2008年1月7日). “今週のふつうの人 映画俳優 大澤 真一郎さん”. 東京ふつうの人新聞. 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ 大澤真一郎(オオサワシンイチロウ)|モズプロジェクト所属タレント”. モズプロジェクト. 2012年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  3. ^ Artist アーティスト”. 株式会社pyxis(pyxis inc.). 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  4. ^ 前代未聞の挑戦。37分ワンカットゾンビ *大澤真一郎”. MotionGallery. 上田慎一郎監督による長編映画『カメラを止めるな!』(仮)への製作上映支援プロジェクト! (2017年7月12日). 2018年7月15日閲覧。
  5. ^ 上映後イベント全日程決定!上映まで一週間を切りました *監督・上田”. MotionGallery. 上田慎一郎監督による長編映画『カメラを止めるな!』(仮)への製作上映支援プロジェクト! (2017年10月29日). 2018年7月15日閲覧。
  6. ^ 2017年制作の映画『カメラを止めるな!』において、撮影中の7月は「大澤」[4]、イベント上映直前の10月は「大沢」[5]を使用している。
  7. ^ ONE CUT [@ONECUTOFTHEDEAD] (2019年8月26日). "皆々様ありがとうございます! 本日8月26日(月)オープンしましたー" (ツイート). Retrieved 2019年9月17日 – via Twitter.
  8. ^ 監督・辻岡正人VS俳優・大澤真一郎の足跡”. 辻岡正人公式BLOG (2010年8月12日). 2018年7月30日閲覧。
  9. ^ サイキッカーZ”. Donation Theater. 2018年8月27日閲覧。
  10. ^ 映画『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』 [@ichimonjiken] (2019年6月12日). "一文字拳と同時上映される本作の続編『最強カンフーおじさん』には大沢真一郎さんと曽我真臣さんも出演!" (ツイート). Retrieved 2019年6月14日 – via Twitter.
  11. ^ “上田慎一郎監督らの新作「イソップの思うツボ」に「カメ止め」俳優がカメオ出演!”. 映画.com. (2019年7月12日). https://eiga.com/news/20190712/10/ 2019年7月12日閲覧。 
  12. ^ 地域発信型映画『透子のセカイ』に勇翔の出演が決定!”. BOYS AND MEN OFFICIAL SITE (2018年12月10日). 2018年12月11日閲覧。
  13. ^ “【エンタがビタミン♪】指原莉乃『カメラを止めるな!』キャスト陣の登場に「たくさん出てきてびっくり」”. Techinsight. (2018年8月14日). http://japan.techinsight.jp/2018/08/maki08141024.html 2018年8月25日閲覧。 
  14. ^ “FUKUSHIMA DAY上映会 ~ 長屋を止めるな”. https://sakuraiami.com/fukushimaday/ 2019年4月10日閲覧。 
  15. ^ “CUBERS優、「殉血のサルコファガス」で舞台初挑戦”. 音楽ナタリー. (2019年4月10日). https://natalie.mu/music/news/327433 2019年4月10日閲覧。 

外部リンク編集