大泉源郎

大泉 源郎(おおいずみ げんろう、1910年12月20日 - 2005年12月28日)は、日本政治家北海道苫小牧市市長1963年5月~1983年4月)。苫小牧市名誉市民

来歴編集

  • 苫小牧に質屋の3男として生く
  • 室蘭商業学校に入学
  • 間もなく北海中学校旧制)に編入
  • 1926年 北海中学校卒業。
  • 北海中学校を卒業後、地元に戻るも職が見つからず、苫小牧市市役所に臨時職員として勤務。徴税課員を経て常勤となる
  • 1947年 同市助役
  • 1963年 市長に初当選。その後連続5期をつとめた。
  • 1988年 名誉市民に選ばれる

在任中は、北海道市長会副会長や全国市長会副会長などを務める。

エピソード編集

  • 北海中学校時代、同級生として坊屋三郎がいる。
  • 初代市長・田中正太郎の右腕として36歳で助役に抜擢され、大泉の尽力もあって苫小牧港が1963年4月に開港した。
  • 大泉は市長時代、企業誘致を積極的に展開し、日之出化学工業を皮切りに、宇部興産出光興産日本軽金属など苫小牧西は一大工業地帯へと変貌を遂げた。この他、ラムサール条約登録湿地ウトナイ沼の環境保全や、道内初の下水道整備、フェリーの苫小牧就航といった公共機関の充実化など都市機能の充実化も図った。

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ編『現代政治家人名事典』(紀伊国屋書店1999年
  • 北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス、2005年