大津あきら

大津 あきら(おおつ あきら、1950年2月4日 - 1997年4月10日)は、日本の作詞家。本名は大津 彰(読み同じ)。

大津あきら
出生名 大津 彰
別名 早梨絵・走水ゆう
生誕 1950年2月4日
出身地 日本の旗 日本山口県長門市仙崎
死没 (1997-04-10) 1997年4月10日(47歳没)
学歴 慶應義塾大学法学部
ジャンル J-POP
職業 作詞家
活動期間 1970年 - 1997年

目次

来歴編集

山口県長門市仙崎出身。山口県立水産高等学校を経て慶應義塾大学法学部卒業。大学時代に慶應の1年先輩であったつかこうへいと出会い、つかこうへい劇団で数々の舞台劇中歌の作詞・作曲を手がける。

大学卒業後もつかこうへい劇団での劇伴を中心とした音楽活動を継続していた(このころ、つかこうへい劇団に所属していた女優の根岸季衣と結婚している)が、1982年中村雅俊に提供した「心の色」がヒットし(第15回日本作詞大賞・大衆賞を受賞)、これをきっかけにして本格的に作詞家としての活動を始める。以後、中村の他、高橋真梨子矢沢永吉中森明菜をはじめとする数多くのミュージシャンに歌詞を提供した。特撮番組・アニメ番組の主題歌の作詞も多く手がけている。また、早梨絵走水ゆうのペンネームも持つ。

1997年直腸ガンにより47歳で死去した。現在は実家のあった山口県長門市に眠る。亡くなる3ヶ月前から放送された『マッハGoGoGo』(第2作)のOPが、作詞の最後の仕事である。

主な作品編集

シングル編集

  • タキシードでグルーヴィン

アルバム編集

  • 傷つくことだけ上手になって
  • デリカシー

舞台音楽編集

  • つかこうへい劇団
    • ストリッパー物語
    • 熱海殺人事件
    • いつも心に太陽を
    • 広島に原爆を落とす日

作詞編集

作詞(歌謡曲)編集

あ行編集
か行編集
さ行編集
た行編集
な行編集
は行編集
ま行編集
  • 松田優作 - ブラザーズ・ソング/マリーズ・ララバイ
  • 松原みき - サファリ アイズ SAFARI EYES
  • 水越恵子 - ワインナイト
  • 水沢瑶子 - ワインカラーのせつなさ
  • 水谷豊 - 気分屋ルーシー YOKOHAMAシャレード 硝子のリバーサイド
  • 三好鉄生 - サンライズ・サンセット
  • MOON - 闇を渡れ〜ACROSS THE DARKNESS〜
や行・わ行編集
  • 矢尾一樹 - アルバム『YAO』(全10曲すべて)
  • 矢沢永吉 - 心花よ / Under The Moon / Risky Love / the NAME IS... / "カサノバ"と囁いて / ゆきずり / 奴に… / 切り札を探せ / LONELY WARRIOR / 優しさの跡 / BITCH(message from E) / 共犯者 / ニューグランドホテル / ラスト・シーン
  • 安永亜衣 - if / モノクロームのヒロイン / 風の楽園 / 千億のやさしさ / ガラスのラヴァーズ・コンチェルト / 神話のPALM TREE
  • 山本譲二 - 外は雨が…
  • りりィ - 風のバレリーナ
  • レインボー・シスターズ - 悲しきウエザーガール
  • 渡辺徹 - 愛の中へ / 約束

作詞(特撮・アニメソング)編集

作詞(その他)編集

関連項目編集