メインメニューを開く

大津麟平

日本の内務官僚・台湾総督府官僚
大津麟平

大津 麟平(おおつ りんぺい、慶応元年10月1865年) - 1939年昭和14年)12月31日[1])は、日本の内務台湾総督府官僚県知事

経歴編集

肥後国出身。大津俊太郎の長男として生まれる。1890年帝国大学法科大学独法科を卒業。同年11月、高等試験に合格し、内務省試補となり地理局に配属された。以後、新潟県埼玉県の各参事官などを歴任。

1896年台湾総督府に転じ、台南郵便電信局長、台南県内務部長、台南県警部長、総督府秘書官などを歴任。1908年5月、警視総長となり、さらに1909年10月25日、蕃務総長に任じられた[2]

1914年6月、岩手県知事に就任。1919年4月、徳島県知事に転任。1921年5月まで在任して退官。その後、 東亜同文書院院長、大日本武徳会武道専門学校長を歴任した。

栄典編集

位階
勲章

著書編集

  • 『憲法原論』専修学校、1891年。
  • 『制度沿革』専修学校、1891年。
  • 『理蕃策原議』大津麟平、1914年。

脚注編集

  1. ^ 参考文献『昭和物故人名録』。
  2. ^ 『官報』第7903号、明治42年10月26日。
  3. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  4. ^ 『官報』第319号「叙任及辞令」1913年8月21日。
  5. ^ 『官報』第846号・付録「叙任及辞令」1915年5月29日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 『昭和物故人名録 昭和元年-54年』日外アソシエーツ、1983年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 岡本真希子『植民地官僚の政治史 - 朝鮮・台湾総督府と帝国日本』三元社、2008年。