メインメニューを開く
大洲総合運動公園 > 大洲総合運動公園硬式野球場

大洲総合運動公園硬式野球場(おおすそうごううんどうこうえん こうしきやきゅうじょう)は、大分県大分市大洲総合運動公園内にある野球場である。

大洲総合運動公園硬式野球場
(別大興産スタジアム)
Shin-oita Baseball Stadium

Betsudaikohsan stadium 20190527.jpg

施設データ
所在地 大分県大分市青葉町1-1
座標 北緯33度15分5.5秒 東経131度37分39.8秒 / 北緯33.251528度 東経131.627722度 / 33.251528; 131.627722座標: 北緯33度15分5.5秒 東経131度37分39.8秒 / 北緯33.251528度 東経131.627722度 / 33.251528; 131.627722
開場 1980年
所有者 大分県
管理・運用者 大分県公園協会
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
最大照度:投捕間2,800Lx、内野2,000Lx、外野1,500Lx
使用チーム • 開催試合
全国高等学校野球選手権大分大会など
収容能力
15,500人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,340m2
両翼:100m
中堅:122m
フェンス 2.2m

命名権導入(後述)による呼称は「別大興産スタジアム」(べつだいこうさんスタジアム)で、従来の愛称は「新大分球場」(しんおおいたきゅうじょう)。施設は大分県が所有し、大分県公園協会が運営管理を行っている。

目次

概要・歴史編集

かつて旧大分空港(1971年に国東半島に移転)のエプロンだった場所に建設され、1980年3月に完成、6月から供用を開始した。翌1981年プロ野球公式戦のナイター開催に対応可能な照明設備を追加整備した。

少年野球高校野球社会人野球などアマチュア野球公式戦を中心に利用されている。

プロ野球は、広島東洋カープ南海ホークスなどが主催公式戦を数年に一度に開催していたが、1989年に行われた福岡ダイエーホークス近鉄バファローズ戦を最後に公式戦の開催からは遠ざかり、毎年春のオープン戦で使用される程度であった。しかし、2008年5月28日セ・パ交流戦で19年ぶりに横浜ベイスターズ主催による福岡ソフトバンクホークスとの試合が行われた。

老朽化に伴い、2011年10月からグラウンド拡張やスコアボードの全電光化などの改修を行ない、芝生の養生などを経て、2012年6月2日に使用が再開された[1]。また、大分県別府市に本社を置く不動産業の別大興産が、年648万円・3年間の条件で命名権を取得し、同日より呼称が「別大興産スタジアム」となった[2]。その後2015年に年702万円・3年間の条件で命名権期間を更新[3]2018年に再度期間を延長し、現在は2021年5月末までの契約となっている[4]

主なエピソード編集

プロ野球開催実績編集

  • 公式戦
  • オープン戦
    • 1984年3月9日 読売ジャイアンツ2‐3阪神タイガース 観衆:22,000人
    • 1985年3月24日 広島東洋カープ 11-9 阪神タイガース
    • 1986年3月7日 読売ジャイアンツ 2-1 ロッテオリオンズ
    • 1987年3月6日 読売ジャイアンツ3‐1阪急ブレーブス 観衆:20,000人
    • 1987年3月15日 広島東洋カープ6‐4大洋ホエールズ 観衆:7,000人
    • 1988年3月3日 読売ジャイアンツ7‐2阪急ブレーブス 観衆:17,000人
    • 1989年3月3日 読売ジャイアンツ0‐10大洋ホエールズ 観衆:18,000人
    • 1989年3月21日 広島東洋カープ4‐7中日ドラゴンズ 観衆:12,000人
    • 1990年3月12日 読売ジャイアンツ3‐3福岡ダイエーホークス 観衆:20,000人
    • 1990年3月21日 広島東洋カープ3‐11中日ドラゴンズ 観衆:10,000人
    • 1993年3月14日 広島東洋カープ6‐5中日ドラゴンズ 観衆:8,000人
    • 1994年3月14日 広島東洋カープ - 中日ドラゴンズ
    • 1996年3月3日 読売ジャイアンツ - 福岡ダイエーホークス
    • 1996年3月16日 広島東洋カープ 2-5 阪神タイガース
    • 1998年3月3日 オリックスブルーウェーブ - 福岡ダイエーホークス 観衆:8,000人
    • 2001年3月10日 阪神タイガース - 福岡ダイエーホークス
    • 2003年3月3日 読売ジャイアンツ 2-5 中日ドラゴンズ
    • 2005年2月26日 読売ジャイアンツ 3-4 東北楽天ゴールデンイーグルス 観衆:13,700人
    • 2014年3月16日 福岡ソフトバンクホークス 10-0 読売ジャイアンツ 観衆:11,166人
    • 2018年3月13日 福岡ソフトバンクホークス 7-8 読売ジャイアンツ 観衆:9,641人[5]
  • ファーム公式戦
    • 2011年6月4日 福岡ソフトバンクホークス7‐0広島東洋カープ 観衆:3,676人
    • 2012年9月1日 福岡ソフトバンクホークス7‐1オリックスバファローズ 観衆:3,262人
    • 2016年9月4日 読売ジャイアンツ2‐5福岡ソフトバンクホークス 観衆:2,754人
    • 2017年6月25日 福岡ソフトバンクホークス-中日ドラゴンズ 中止

施設概要編集

  • 両翼:100m、中堅:122m
(改修前は両翼:91m、中堅:120m)
  • 内野:土、外野:天然芝(ティフトン)
  • 照明設備:6基(照度8段階)
  • スコアボード:フルカラーLED対応フリーボード
(改修前は得点表示部が電光式(白色電球)で、その他はパネル式)
  • 収容人員:15,500人(ネット裏:背もたれ付セパレートチェア、一・三塁側:ベンチ、外野:芝生)

交通編集

  • 大分バス大分交通バス(共同運行)、「大分バス本社前6番のりば」停留所より、「大洲運動公園前」停留所にて下車

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集