大浦 政信(おおうら まさのぶ)は、戦国時代武将大浦光信の子または孫[1]

 
大浦政信
Oura Masanobu.jpg
大浦政信像
時代 戦国時代
生誕 明応6年(1497年
死没 天文10年6月9日1541年7月2日
氏族 大浦氏
父母 父:大浦光信(祖父とも)
為則守信
テンプレートを表示

略歴編集

天文10年(1541年)、三味線河原の戦い和徳城を攻め城主・小山内満春を討ち取るも、満春の子・永春が加勢し盛り返されて、大浦方は敗れて政信は家臣・森岡為治と共に討ち取られた。

なお津軽家の公称系図では、政信が摂関家近衛尚通と大浦光信の長女・阿久の間にできた子とし、以来本姓が源氏(清和源氏)から藤原氏に変わったとされる。

脚注編集

  1. ^ 弘前市史において大浦盛信の娘婿と記載。

参考文献編集

  • 『弘前市史・通史編2』弘前市、2002年6月28日。