メインメニューを開く

大浦 為則(おおうら ためのり)は、戦国時代武将津軽為信の養父。

 
大浦為則
Oura Tamenori.jpg
大浦為則像
時代 戦国時代
生誕 永正17年3月3日1520年3月21日[1]
死没 永禄10年3月16日1567年4月25日
氏族 大浦氏
父母 父:大浦政信
兄弟 為則守信
女子、阿保良(戌姫、お福。津軽為信正室)、
他に男子が6人
養子:津軽為信

大浦政信の嫡男として誕生。天文10年(1541年)、父・政信が戦死したため家督を相続する。堀越城武田氏を降すと、弟・守信を同氏に養子として送り込む。

生来、病弱なため政務を家臣に任せていたと言う。娘・阿保良(戌姫)を津軽為信に娶わせて養嗣子として迎えた。

青森県史では為信以前の大浦家の史料が少ないことから、為則から為信の家督相続が円滑に行われていなかったのではないかと推測している。

なお、天正13年(1585年)頃、為則の五男・六男(津軽為信の正室・阿保良の弟2人)が川遊び中に溺死したが、これは為信が後の家督争いを避けるため彼らを暗殺させたといわれている。

脚注編集

  1. ^ 生没年は享禄2年(1529年) - 永禄11年3月2日(1568年3月30日)とも(「青森県史」)。