メインメニューを開く

沿革編集

1886年4月22日、「海軍条例」において全国に五つの海軍区を定め、第五海軍区の範囲は「北海道陸奥ノ海岸海面及津軽海峡」と決められた。1890年2月4日勅令第7号「第五海軍区鎮守府位置設定ノ件」によって、室蘭鎮守府の設置を内定したが、室蘭は地形的に太平洋からの攻撃に対して防御が困難であるとの理由で、1895年6月12日に軍港予定地を大湊に変更した。しかし、大湊に鎮守府の設置は実現しなかった。

1900年春から大湊水雷団敷地の造成工事が始められ、1902年8月1日、後に大湊要港部へと発展する大湊水雷団(横須賀鎮守府管下)が開庁し、あわせて大湊海軍修理工場を開設し、翌年9月に第4水雷艇隊(水雷艇4隻)が配属された。

日露戦争において、大湊水雷団は津軽海峡警備を担った。戦後、日本の南樺太領有に伴い、北方方面の警備が重要となり、1905年12月12日、大湊水雷団は大湊要港部へ昇格した。当要港部は、北方海域における警備、権益保護、漁場安全確保、救難救助などに従事した。

1941年11月20日、日米開戦が迫る中、その対応のため大湊要港部は大湊警備府に昇格した。太平洋戦争中は、千島方面の防備強化、第5艦隊・第1水雷戦隊・第12航空艦隊への後方支援、海上護衛、対潜掃海等に従事したが、戦局は悪化し、1945年8月9日から10日にかけての大湊空襲により大きな被害を受け終戦を迎え、同年11月30日に廃止された。

1953年9月16日保安庁警備隊(後の海上自衛隊)によって大湊地方隊として復活。同時に地方総監部を設置。他の4地方総監部(横須賀舞鶴佐世保)は全て既存の鎮守府から継承した為、大湊のみ、「鎮守府」への実質的な昇格を果たす形となる。

年譜編集

歴代司令長官編集

大湊要港部司令官編集

  1. 餅原平二 少将:1905年12月12日 -
  2. 大久保保喜造 少将:1907年3月12日 - 1908年5月15日
  3. 武富邦鼎 少将:1908年5月15日 - 8月28日
  4. 玉利親賢 少将:1908年8月28日 - 1909年12月1日
  5. 上泉徳弥 少将:1909年12月1日 - 1911年9月2日
  6. 藤本秀四郎 少将:1911年9月2日 - 1912年7月9日
  7. 土屋保 少将:1912年7月9日 - 1913年5月24日
  8. 栃内曽次郎 少将:1913年5月24日 - 1913年12月1日
  9. 上村経吉 少将:1913年12月1日 -
  10. 中島市太郎 少将:1914年12月17日 - 1916年4月1日
  11. 土屋光金 中将:1916年4月1日 - 1917年12月1日
  12. 岩村俊武 中将:1917年12月1日 -
  13. 森山慶三郎 中将:1919年12月1日 -
  14. 布目満造 少将:1920年10月1日 -
  15. 佐藤皐蔵 中将:1921年12月1日 -
  16. 大谷幸四郎 少将:1922年12月1日 -
  17. 大石正吉 中将:1923年6月1日 -
  18. 四竈孝輔 少将:1924年2月5日 - 1925年12月1日
  19. 兼坂隆 少将:1925年12月1日 -
  20. 島祐吉 少将:1927年12月1日 - 1929年11月30日
  21. 八角三郎 少将:1929年11月30日 -
  22. 伊地知清弘 少将:1931年3月1日 -
  23. 河野董吾 少将:1931年12月1日 -
  24. 大野寛 少将:1932年11月15日 -
  25. 井上肇治 少将:1933年11月15日 -
  26. 山口長南 少将:1934年11月15日 -
  27. 真崎勝次 少将:1935年10月7日 -
  28. 杉坂悌二郎 少将:1936年3月16日 -
  29. 井沢春馬 少将:1936年12月1日 -
  30. 下村正助 少将:1937年12月1日 -
  31. 星埜守一 中将:1938年11月15日 -
  32. 大熊政吉 中将:1940年11月15日 - 1941年11月20日

大湊警備府司令長官編集

  1. 大熊政吉 中将:1941年11月20日 -
  2. 河瀬四郎 中将:1942年9月15日 -
  3. 井上保雄 中将:1943年4月1日 -
  4. (兼)後藤英次 中将:1945年2月15日 -
  5. 宇垣完爾 中将:1945年3月15日 -
  6. (代)鹿目善輔 少将:1945年11月15日 - 11月30日

参考文献編集

  • 飛内進『大湊警備府沿革史 - 北海の護り』私家版、2000年。
  • 飛内進『太平洋戦争下の大湊警備府』上巻(1994年)、下巻(1995年)、私家版。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

関連項目編集