メインメニューを開く

大澤 信亮(おおさわ のぶあき、1976年5月17日 - )は、日本の文芸評論家日本映画大学准教授。

目次

経歴編集

著書編集

  • 『神的批評』2010年、新潮社(「宮澤賢治の暴力」「柄谷行人論」「私小説的労働と協働」「批評と殺生」収録)
  • 『新世紀神曲』2013年、新潮社(「復活の批評」「出日本記」「新世紀神曲」収録、ISBN 9784103278122

共著編集

評価編集

  • 評論家の佐々木敦は『文藝年鑑 2014』(日本文藝家協会編集 新潮社、2014年6月)に寄稿した「文芸評論」の項目において「大澤信亮は「文芸批評」の歴史(的正統)性に極めて意識的な書き手だが、彼が先行世代で最も親近感を抱いている評論家は、疑いなく山城むつみであろう」と書いている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本映画大学 公式Webサイト”. www.eiga.ac.jp. 2018年7月7日閲覧。

外部リンク編集