大澤豊 (映画監督)

大澤 豊(おおさわ ゆたか、1935年昭和10年〉11月15日 - 2020年令和2年〉1月1日[1])は、日本の映画監督有限会社こぶしプロダクション代表。

おおさわ ゆたか
大澤 豊
生年月日 (1935-11-15) 1935年11月15日
没年月日 (2020-01-01) 2020年1月1日(84歳没)
出生地 群馬県高崎市
職業 映画監督
活動期間 1958年 - 2020年
テンプレートを表示

略歴・人物編集

群馬県高崎市出身。群馬県立高崎高等学校群馬大学教育学部卒業。太平洋戦争中の疎開を描いた『ボクちゃんの戦場』(原作:奥田継夫、出演:前田吟藤田弓子[2])で1985年昭和60年)ベルリン国際映画祭児童映画部門3賞を受賞した。

そのほか、1997年平成9年)日本映画ペンクラブ賞を、2000年手話をテーマにした『アイ・ラヴ・ユー』で日本アカデミー賞特別賞を、2011年いのちの山河〜日本の青空II〜』で岩手県いのちの灯文化賞を受賞した[3]

東京都葛飾区在住。近年では平和運動に傾倒し、葛飾ビラ配布弾圧事件の救援会である「ビラ配布の自由を守る会」世話人を務めたり、選挙のたびに日本共産党への支持を表明。2017年衆院選でも、俳優加藤剛アニメーション映画監督の高畑勲などとともに、著名人67人として共産党への期待を表明し「核兵器禁止条約に署名する国の先頭に立たねばなりません。」とコメントしたりしていた[4]

年譜編集

主な作品編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集