メインメニューを開く

大瀧寺

日本の徳島県美馬市にある仏教寺院

大瀧寺(おおたきじ)は徳島県美馬市脇町に所在する真言宗御室派準別格本山の寺院。山号は福大山(ふくだいさん)。本尊は西照大権現(にしてるだいこんげん)。

大瀧寺
Ootakizi 0ɨ.jpg
本堂
所在地 徳島県美馬市脇町西大谷674番地
位置 北緯34度7分18.85秒東経134度7分37.67秒座標: 北緯34度7分18.85秒 東経134度7分37.67秒
山号 福大山
宗派 真言宗御室派
寺格 準別格本山
本尊 西照大権現
創建年 (伝)神亀3年(726年
開基 (伝)行基
正式名 福大山 大瀧寺
札所等 四国八十八箇所総奥の院
四国別格二十霊場20番
法人番号 1480005005053
テンプレートを表示

四国八十八箇所総奥の院、四国別格二十霊場二十番札所。

御詠歌

霊峰の 岩間にひらく 法の道 厄をながして 衆生ぞすくわる

大瀧寺の旧本堂跡

目次

概要編集

徳島県美馬市と香川県高松市の境にある大滝山(946m)の山上近くにあり、別格二十霊場(四国八十八箇所を含めても)のうちで最も高所に位置する。また、今は不明になったが、当寺の奥之院が山上にあり滝があったとの伝承がある。往時は、阿波の麓から讃岐の麓まで檀家があったと云われ、夏子ダム方向から来る参詣者が多いが、脇町中央方面からの道で来ると、かつて繁栄していたのがわかる。

歴史編集

伝承によれば、奈良時代神亀3年(726年)に行基が大滝山上に阿弥陀三尊を安置したことに始まるとされる。空海は、青年期に「阿国大瀧嶽ニ躋リ攀ヂ(のぼりよぢ)」て求聞持法を修したと自著「三教指帰」に記しているが、この大瀧嶽は当山とも、阿南市の太龍寺(舎心嶽)ともいう。平安時代前期の弘仁6年(815年)に空海が再びこの地を訪れて寺院を再興し、西照大権現の像を安置したといわれる。

天安2年(858年)には聖宝(理源大師)が厄除厄流の大護摩を修法したと伝えられている。

江戸時代には徳島藩家老稲田氏の祈願所となり、高松藩の崇敬も集めた。

隣接する西照神社とは神仏混淆の山岳信仰宗教施設「西照権現」として存在していたが、明治初期の神仏分離令により大瀧寺と西照神社とに分離された。

その後、大正時代のリョウガ住職の時代は栄え、大窪寺にも当住職の弟子が派遣されたと云われ、四国八十八箇所88番を打って当寺に訪れた遍路もいたことから四国総奥之院と云われた。今でも、四国別格札所巡りの遍路だけでなく健脚の遍路は当山を歩きで訪れる。

境内編集

 
大師堂
 
不動明王が彫られた石
  • 本堂:拝殿と一段高く奥殿の二重構造。
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 鐘堂
  • 石に彫られた仏画:本堂向かって右横にある。
  • 旧境内跡:山頂東尾根にある西照神社本殿の向かって左から約20mの森から西へは当寺の境内地で、さらに約20m入った所に旧本堂跡がある。この数十m上は大瀧山頂上で、石仏や石碑が山中に点在している。

前後の札所編集

四国別格二十霊場
19 香西寺 -- (41.1Km) -- 20 大瀧寺 -- (47.6Km) -- 1 大山寺

参考文献編集

  • 徳島史学会編『新版 徳島県の歴史散歩』、山川出版社、1995年 68 - 69ページ
  • 現地説明板

関連項目編集

外部リンク編集