メインメニューを開く

大瀧神社・岡太神社(おおたきじんじゃ・おかもと-)は、福井県越前市大滝町にある神社である。上宮(奥の院)には大瀧・岡太両神社の本殿が並んで建つが、下宮(里宮)の本殿・拝殿は両神社の共有となっていることから、2つの神社の名前が併記される。国の重要文化財指定名称は「大滝神社」である。

大瀧神社・岡太神社
Otaki-Jinjya Shrine 200403.jpg
所在地 福井県越前市大滝町23-10
位置 北緯35度54分22秒
東経136度15分10.7秒
座標: 北緯35度54分22秒 東経136度15分10.7秒
主祭神

大瀧神社:國常立尊・伊弉諾尊
岡太神社:川上御前(岡太大神)

御神体山:権現山
社格 県社
創建 (伝)養老3年(719年)
例祭

春期例祭(5月3-5日)

秋期例祭(10月11-13)
主な神事

式年大祭 三十三年毎(本開帳)

御神忌 五十年毎(中開帳
地図
大瀧神社・岡太神社の位置(福井県内)
大瀧神社・岡太神社
大瀧神社・岡太神社
テンプレートを表示

目次

歴史編集

伝承によれば、養老3年(719年)、この地を訪れた泰澄が、国常立尊(くにとこたちのみこと)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を主祭神とし、十一面観世音菩薩を本地とする神仏習合の社を創建し、大瀧兒(おおちご)権現を建立したという。後に明治時代の神仏分離令により、現在の大瀧神社となった[1]

岡太神社については、約1500年前、大滝町の岡本川上流に美しい姫が現れ、村人に紙漉きの技術を伝えたのが始まりとされている。この伝説の姫『川上御前』を、和紙の神様・紙祖神(しそじん)として祀ったのが岡太神社である[1]延元2年(1337年)の足利軍の兵火で社殿が失われ、岡太神社の祭神を大瀧神社の相殿に祭った。さらに天正3年(1575年)、織田信長一向一揆攻略の際、大瀧寺一山が兵火に遭い消失。再建時に大瀧神社の摂社として境内に祀られるようになった。

大正12年(1923年)、大蔵省印刷局抄紙部に川上御前の分霊が奉祀され、岡太神社は名実共に全国紙業界の総鎮守となった。

神社の格としては大瀧神社の方が上であるが、住民達が崇拝してきたのは川上御前であったため「大瀧神社・岡太神社」と並記していると考えられている[2]

文化財編集

重要文化財(国指定)
県指定天然記念物
  • 大滝神社のゼンマイザクラ[4] 
    昭和39年6月5日指定。ゼンマイのとれる頃に花が満開となる、エドヒガンの大木。
  • 大滝神社の大スギ[5]
    昭和39年6月5日指定。通称「おお杉さん」。神社の神木としてしめ縄がかけられ、柵で囲み保護されている。
  • 大滝神社奥の院社叢[6]
    昭和61年3月28日指定。権現山(標高326m)山頂付近のブナの原生自然林。
市指定文化財

すべて昭和61年8月12日指定。

  • 大滝神社奥の院本殿
  • 奥の院岡太神社本殿
  • 木造十一面観音坐像
    観音堂に安置。
  • 木造獅子頭
  • 木造狛犬(一対)

交通編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b jinjya no rekisi of 和紙の神様「川上御前」をお祀りしている神社”. 和紙の里 (2011年). 2015年5月25日閲覧。
  2. ^ 大瀧神社”. 橿原日記 (2010年8月15日). 2015年5月25日閲覧。[出典無効]
  3. ^ 文化遺産データベース「大滝神社本殿及び拝殿」”. 文化庁. 2015年11月29日閲覧。
  4. ^ 福井の文化財「大滝神社のゼンマイザクラ」”. 福井県. 2015年11月29日閲覧。
  5. ^ 福井の文化財「大滝神社の大スギ」”. 福井県. 2015年11月29日閲覧。
  6. ^ 福井の文化財「大滝神社奥の院社叢」”. 福井県. 2015年11月29日閲覧。

外部リンク編集