メインメニューを開く
 
大炊御門信量
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 嘉吉2年(1442年
死没 長享元年8月4日1487年8月22日
別名 号:深草
官位 従一位右大臣
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 三条家大炊御門家
父母 父:三条実量、養父:大炊御門信宗
兄弟 三条公敦信量、公顕、公助、宗一、冬子、水無瀬季兼
養兄弟:信子
正親町持季[1]の娘
経名
テンプレートを表示

大炊御門 信量(おおいのみかど のぶかず)は、室町時代中期から後期にかけての公卿左大臣三条実量の子。官位従一位右大臣大炊御門家15代当主。後花園天皇(102代)と後土御門天皇(103代)の二帝に仕えた。

経歴編集

内大臣大炊御門信宗の養子となる。

長禄元年(1457年)に従三位となり、公卿に列する。以降累進して、権中納言権大納言右近衛大将左近衛大将を経て、文明11年(1479年)に内大臣となる。翌年従一位となり、左近衛大将を辞した。文明15年(1483年)に右大臣に任じられた。

系譜編集

脚注編集