大炊御門師前
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 嘉永6年10月25日1853年11月25日
死没 大正15年(1925年5月18日
官位 従三位右近衛権中将
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 大炊御門家
父母 父:大炊御門家信、母:不詳
兄弟 経宣師前幾麿綾小路家政、吉子ら
一条実孝
テンプレートを表示
大正天皇即位大礼の典儀官時の大炊御門師前(1915年)

大炊御門 師前(おおいのみかど もろさき)は、幕末明治期の公家・官吏。右大臣大炊御門家信の長男。官位従三位右近衛権中将

経歴編集

安政3年12月22日1857年1月17日)に叙爵を受け、明治2年3月6日1869年4月17日)に右近衛権中将、同年7月13日8月20日)に従三位に叙せられる。

ところが、明治17年(1884年2月4日大炊御門家を廃嫡になる(家督は弟の幾麿が継承)。公式の届出は病気を理由とするが、実子・一条実孝によれば祇園での放蕩による2,000円の借財問題と五辻安仲に陥れられたことによるという[1]

廃嫡後の師前は皇后一条美子の計らい[2]によって子・実孝と共に山岡鉄舟に剣術を学んでいたが、その腕前を評価した山岡が三島通庸に推挙して警視庁に採用され、明治21年(1888年)には京橋警察署の外勤警部としてその名が記されている。廃嫡後も従三位の位階はそのままであったため、当時の警察では最も位階が高い人物になっていた[3]。その後、間もなく警視庁を辞任しているが、師前が文部大臣森有礼の担当警護官であったことが知られている[1][2]ため、松田敬之は明治22年(1889年)に森が暗殺された責任を取ったのではないか、と推測している[4]

その後は大炊御門家の庇護を受け、大正4年(1915年)の大正天皇即位の大礼に際して、典儀官に任じられている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『公家・将軍・大名』「公家長屋」による一条実孝の証言。
  2. ^ a b 『山岡鉄舟先生正伝』による小倉の証言。
  3. ^ 松田、2008年、P49-50
  4. ^ 松田、2008年、P51

参考文献編集

  • 松田敬之『次男坊たちの江戸時代-公家社会の〈厄介者〉-』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー246、2008年) ISBN 978-4-642-05646-5 P39-53 「「公卿剣客」として再起した厄介」
  • 有馬頼寧他『公家・将軍・大名』東西文明社、1958年。
  • 小倉鉄樹『山岡鉄舟先生正伝 おれの師匠』春風館、1937年(初版)。